幸せな新生活を襲った隣人トラブル 明日はわが身?!

 私たち夫婦は新婚時代、小さなアパートに住んでいました。こだわって選んだ家具に囲まれた新生活、近くのスーパーに行くのも新鮮な気持ちでした。ところが、隣にある夫婦が引っ越して来たことで、アパート中を巻き込んだトラブルに発展してしまうのです。

目次

アパートでの生活

写真AC

 アパートは2階建てで築年数が古く、8部屋ありました。私たちは1階の角部屋。しばらくして引っ越して来た隣人は、奥さんは出産を控えている海外の方で、ごく一般的な夫婦でした。産前の為か、奥さんによく似たお母さんもいました。
 1階は夫婦や家族で住んでいる人が多く、2階は独身の人が多かったです。

 早朝4時にトイレの流す音が聞こえる位で、みんな静かに生活をしてくれているのか、騒音も気になることはありませんでした。

 しかし隣からは話し声や生活音が深夜まで聞こえるように。落ち着いたら静かになるだろうと思っていたのですが、それは何日も続きます。私も旦那も騒音にストレスを感じるようになっていました。

 ある日、隣から音が全く聞こえなくなった日がありました。奥さんが出産の為、入院したのです。1週間程でしたが、騒音なく穏やかな日を過ごす事が出来ました。

 「おぎゃー」
 ある日仕事から帰宅すると、隣から可愛い声が聞こえてきます。泣き声はすぐそこで泣いているかのような大きさで、赤ちゃんの声はこんなに響くのかと驚きました! 泣き声はそれから朝まで続き、私たち夫婦は声や生活音が聞こえる度に目が覚めるように…。生活音に加えて、泣き声。一体いつまで続くのかと考えてしまいました。

ついに住人から苦情が

 眠れない日々が1カ月続き、仕事にも支障が出始めた為
 「大家さんにお願いをしに行こう」と夫と話していた時のことです。

 隣の部屋の扉をたたく音と、男性の大きな声が聞こえてきました。
 「いい加減にして下さい!」扉を開けると、そこには怒った表情の4人の男性と女性が1人いました。同じアパートの住人のようです。

 隣の部屋からは奥さんと旦那さん、そして赤ちゃんを抱えた奥さんのお母さんが出てきました。男性が
 「泣き声が響くので、夜はベランダの戸を閉めて、シャッターを下ろしてください」と言います。隣家族は引っ越してから、1日中窓を開けて過ごしていたのです。

 奥さんは疲労しきった様子で、黙って頭を下げてました。旦那さんが
 「妻の母が冷房が苦手なので、窓を開けています。海外から来ているのですぐに帰れない事情を分かってください」と言います。すると男性は
 「多少の音は我慢します。でも冷房を付けて、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてください。大変な事になりますよ!」と言いました。確かに、赤ちゃんはオムツと薄い肌着で、汗だくになって泣いていました。

 「分かりました」隣人の一言でその場は収まりました。そしてその日以降、隣家族はシャッターを下ろし、冷房を付けて生活するように。その日をきっかけに、騒音は気にならなくなりました。

他人事ではない

写真AC

 今回の一件は、けっして他人事ではないと感じます。子どもの泣き声は親であっても、精神的に負担になります。他人の子なら尚更です。

 それでも奥さんが疲労しきっていたあの時、子育てを経験した今の私がいたら、何か出来たのではとも思います。

 私と夫は子どもができたのをきっかけに引っ越したので、隣人達のその後は分かりません。アパート暮らし最後の日に、奥さんと少し会話をしましたが、日本語が上手な穏やかな人でした。赤ちゃんと奥さんが元気に過ごせていますように、今も心から願っています。

(ファンファン福岡公式ライター / でんでん)

あわせて読みたい
【裏の顔に驚愕】野菜のおすそ分けから始まったご近所トラブル 「ご近所の方から野菜をいただく」なんてことは、どこにでもある自然な日常風景だと思っていました。しかし、一度野菜をいただいたことがキッカケでこんなご近所トラブルに巻き込まれてしまうとは、夢にも思わず…。
あわせて読みたい
略奪恋愛癖のあるママ友が夫をロックオン?! 近所に引っ越してきた  友人の結婚式で知り合ったAさん。ママ友として仲良くしていましたが、突然Aさんはわが家の近くに引っ越してきて、夫に頻繁に会いたがるように。友人に相談すると驚き...
あわせて読みたい
始業式に事件発生! ご近所を巻き込む暴走ママ友 通う子供を持つ近所のママ友。夏休みの終りにちょっと話をしたところ、それが始業式の日にとんでもない事件になってしまったのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる