【ラン活】経験者がアドバイス 男女別で見るべきポイントはココ!

 3人育児中の私。末っ子が年少になり、再び目の前に迫ってきたのが「ラン活」。上の2人は現在小4、小3になりましたが、当時のラン活の「その後」をお話します。分かってはいたけれど、現役小学生って、思った以上に荒いのです…。

目次

とにかく丈夫さを重視! 男子ラン活

写真AC

 わが家は、第1子が男の子だったこともあり、「どうせすぐ傷だらけにするだろう」と、耐久性のある“タフロック素材”のものを選びました。末っ子が乳児で、お店に見に行くのが大変だったので、実際見ることもせずにネットでポチッとしてしまいました。 

男子ラン活のその後… 傷や破損はない?

 この選択が大正解! 丈夫な素材なので傷ひとつ付いていません。友達と傘でランドセルを突き合ったり、肩ベルトを持ってかぶせ部分を引きずったり、男の子って、本当にとんでもないことをしてくれますが、耐えてくれていますよ。タフロック様様です。余談ですが、肩ひもが立ち上がる“フィットちゃん”小学生の重〜い荷物でも体感を軽くしてくれるようで、息子が気に入っています。  

女子ラン活はデザイン・色重視! 素材にもこだわってみた

写真AC

 第2子女子の時は、多少は丁寧に扱ってくれるかな? と期待して、工房系の牛革のものを選びました。デパートの売り場に並んでいる、キラキラ・リボン・ハートなど女の子要素盛りだくさんの製品も、とても可愛くて惹かれはしましたが、高学年になった時のことを考え、飾りのないシンプルなものにしました。
 
 デザインだけでなく、気を遣ったのが「色」です。保育園時代にピンク、スカート、フリフリが大好きだった子たちが、だんだんと水色・紫系の爽やかな色を好むようになり、モノトーン系の大人っぽい服を着るようになっていく、というのが女の子の好みの変化のよくあるスタイル。これは… 子どもの意見を親が素直に聞いていると、危険では?! と私は感じました。
 
 そこで私が提案した色は「キャメル」。
 「キャラメルの色にも似ているよ~、可愛いね♪」と誘導すると、お菓子大好きな娘は、
 「うん、それにする!」とノリノリで決めてくれました。 

女子ラン活その後… 成長するにつれて好みは変わる

 牛革は、人工皮革のものより、遠目で見ても風合いがいいですね。選んで良かったです。キャメル色、現在でも気に入っているようで、
 「お友達にいいなあって言われた」と嬉しそうに話してくれます。

 可愛い紫色のランドセルを背負っていた娘の友達は、途中でなんと、ブラウンのランドセルに買い替えていました。服装も大人めにシフトしていた彼女は、女の子らしいパステルカラーが恥ずかしくなったようです。  

6年間使うために後悔しないラン活のヒント!

写真AC

 小学生になると、幼かった子どもが一気に成長するのを感じます。男の子はより活発に、女の子はより好みがはっきりしてきます。そんな中で、親とすればできれば6年間、買い替えせずにランドセルを使い続けてほしいですよね。

 そのためにも、「壊れない」「飽きない」ランドセルを選ぶことが1番だと、ラン活を終えた今は感じています。耐久性の面で紹介すると、息子のタフロックは傷ひとつないですが、娘の牛革は傷がややあるのと、雨にやられて少しシワができてしまいました。それでも、牛革は人工皮革より圧倒的に風合いがあります。

 どちらにしても、今、選んだランドセルに後悔はしていません! ラン活であれこれ悩んだ、ということ自体が一生の思い出になりました。これからある、末っ子のラン活も今からとても楽しみです。
 
(ファンファン福岡公式ライター/hiyoko)

あわせて読みたい
【ラン活】そんなに早くてどうする トラブル続きのランドセル戦争  わが家は、2度のランドセル戦争を乗り越えました。1度目の長女の時は、地方の田舎町でまさかの大行列。2度目の長男の時は、ネット注文だからと油断してアクセスできないトラブル…。ランドセルは無事に注文できるのか?! そして実際に届いたランドセルを見たわが子の反応は?! わが家のラン活を紹介します。
あわせて読みたい
入学式「ランドセルはいりません」って書いてあったのに~! 入学式の失敗談 小学校の入学式って何か特別なものがありますよね。初めての入学式は親も子も緊張します。中には「入学のしおり」だけでは分からないことだってあるんです。
あわせて読みたい
社宅のマウントママ 新1年生娘のランドセルにも信じられない一言!  主人の会社の社宅に住んでいた時の話です。主人の先輩の娘さんと、うちの娘は同じ年齢でした。先輩の奥さんは私より6歳年下で、私とは全然好みが違って派手で目立ちたがりな性格。最初の頃は家族ぐるみで仲良くしており、休みの日も一緒に遊んでいました。同じ社宅だし、旦那同士も仲がいいからと結構近い距離感で付き合っていたのですが、だんだんマウントママの素顔が明らかになり…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる