出産後も副業程度なら余裕? 新生児育児をなめていたら…

 将来の生活に不安を覚えた私は、クラウドソーシングサイトで副業を始めることに。仕事量に応じた報酬をもらえることにやりがいを感じてきたころ、妊娠が発覚! 産後も育児と副業を併用して続けるつもりでしたが、新生児育児は思っていた以上に過酷で…。

目次

生活に大打撃!

写真AC

 結婚をして5年、私たち夫婦は
 「そろそろ子どもを迎えたいね」という話を進めていました。しかしそんな折に、新型コロナウイルスが拡大して生活は一変。旦那の会社の業績は悪化して給与は下がり、契約社員の私はいつ契約を切られるかひやひやする毎日を送っていました。コツコツと貯めていた積立貯金も中断し、毎月の食費や固定費を見直すも切り詰めた節約生活をせざるを得ない状況でした。

 そんなある日、ネットでクラウドソーシングの存在を知り、思い切って登録することに。さまざまな仕事が募集される中、ネット記事を執筆するライティング業務を始めました。ライター未経験でしたが、少しずつ依頼数は増えていき、3カ月経つ頃には月3万円の収入を達成! 家計の足しになったことに、ホッと一安心しました。

 しかし、同時期に妊娠が発覚。妊娠初期から続くつわりはどんどん酷くなり、体調は悪化。ベッドから出られない日々が続き、副業どころか本業すらもままならない状況になってしまったのです…。

 「せっかくライター業も軌道に乗ってきたのに…」まだまだ頑張りたい気持ちはありましたが、健康な体で赤ちゃんを産むためにも、副業は一時休止することにしました。

退院翌日から副業開始! ところが…

 そして無事に元気な男の子を出産。産後は1カ月、実家でお世話になることにしました。会陰切開の痛みやおっぱいの張りなど、産後のトラブルに見舞われるも「早く副業を再開しないと」という気持ちから、退院翌日からパソコンを開きライター業務を始めました。

 母はそんな私を見て
 「今は無理しないで、ゆっくり休みなさい」そう心配してくれましたが、育児を甘く見ていた私は
 「新生児のうちは基本的に寝ているみたいだし、空いた時間に副業するから大丈夫!」
 と、気軽に答えたのです。

 しかし、いざ子育てが始まると「空いた時間」なんてものが存在することはなく… 常に授乳、抱っこ、寝かしつけの繰り返し。さらに副業を再開したことから、酷い睡眠不足に陥ってしまったのです。

 副業は5,000文字の記事を週に2、3件の受注で、産前と同じ仕事量。今思ってもかなり無理のあるスケジュールでした。授乳し寝かしつけた後は、すぐにパソコンを開いて副業開始です。執筆に集中しようにも睡眠不足で頭は回らず、そうこうするうちに次の授乳時間が始まり…。

 育児と副業なんて両立できる! と豪語した自分の考えの甘さを痛感しました。

産後は、自分と子どものことを第一に考えよう

写真AC

 そんなフラフラ状態の私を見かねた母から、
 「もっと自分の体を労りなさい。赤ちゃんもママがそんな状態だと不安がるよ!」そう優しくも厳しく諭されたことで、私はハッとしました。

 「副業を早く再開しないと」という焦りから自分の体と子どものことを疎かにしていたことを反省…。その夜は、子どもの世話も母にお願いし、久しぶりにぐっすり寝ることができたのです。

 産後の女性の体はすぐに元の状態に戻るわけではありません。それ以降、副業のクライアントへ産休中であることを説明し、一時休止することにしました。回復を早めるためにも周囲に頼って十分な休養は取るべきだとあの頃の私に伝えたいです。
(ファンファン福岡公式ライター/kinkuma@)

あわせて読みたい
産後2週間で参加した息子の運動会! 過酷だけど貴重な体験!?  次男の出産予定日が秋頃と分かった時、私は戸惑いました。長男が通っている保育園では年間の予定が決まっていて、運動会の日も秋と決まっていました。当時長男は1歳半...
あわせて読みたい
「絶対に無理!」産後初めてのお宮参りで、母絶望 出産直前は大きなおなかで運動が制限され、出産後は赤ちゃんのお世話で体を動かすどころじゃない…。そんな産前・産後を過ごした私は、知らず知らずのうちに足の筋力ががた落ちしていました。そして出産後初の大イベント「お宮参り」で泣きを見ることになってしまったのです…。
あわせて読みたい
産後のご近所トラブル! お隣さんから突然の無視 その理由に唖然 ご近所トラブルとは無縁だったわが家。そんな私が第一子の娘を妊娠中、近所のおばさんたちは「なんでも頼って!」と気にかけてくれていました。しかし、産後に突然始まったお隣さんからの無視! そこには予想だにしなかった理由がありました。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる