帰省しても孫と遊ばない義母 その理由が残念すぎた!

 私が子どもの頃、両親や祖父母と一緒に出かけたり、外泊したり、楽しかった思い出がたくさんあります。そこで結婚後は、義母とも一緒に出かけたいと考えていました。しかし、それは義母のこだわりにより、はかなく崩れました…。

目次

11年間で7回

写真AC

 「11年間でたった7回」結婚してから義母と出かけた回数です。

 義母は、気づかいの出来る優しい人。私たちの家から、車で1時間の距離に住んでいます。人付き合いが苦手なため、私の両親にさえ、あまり会おうとしません。3人いる孫とのお出かけは、お宮参りや七五三参り、お葬式のみ。今年、末っ子の七五三が終わったので、これから一緒に出かけるのは難しそう…。

 小学校入学のランドセル購入も一緒ではありません。義母からは
 「お祝いはするけれど、好きに買ってね」と言われ、後で義母にランドセルを見せに行き、夫が代金をもらっています。
 
 「自分がいたら好きなのを選べないかな?」と義母なりの気づかいでしょうが、お金だけは正直むなしいです。そして義母が孫と出かけない理由は、私にとっては残念なものでした。

出不精の義母

 義母は、孫が嫌いなわけではありません。遊びにいくと毎回、山盛りのお菓子とおこづかいをくれ、かわいがってくれます。

 夫の話だと、義母は昔から出不精。若い時も仕事が終わると直帰していたとか。夫が実家を出るまで、外食はゼロ、外泊だって県外の祖父母の家のみだったそうです。

 さらに、義母は実家暮らしで実の両親の在宅介護を行っていました。それが生活に必要な外出以外しなくなった理由なのかなと思います。出不精なのは仕方がないのですが、もう少し孫との時間を作れるのでは? と思うところも…。

ルーティンを変えない!

写真AC

 義母が孫と出かけない一番の理由は、毎日のルーティンなのです。それは、タイムセールに合わせて1日2回以上も日用品の買い物に出かけること! 子どもが生まれる前は「節約のために1日に何回も買い物なんてすごい」と思っていましたが、だんだん疑問を持つように。

 まず、ご飯の時間になっても帰ってこないのです。義母は携帯を持っておらず、待つしかありません。私の家では、昼食は12時、夕飯は18時ですが、義母の家に行くと、義母の帰宅後に準備をするので、昼食は13時すぎ、夕飯は20時過ぎの時も…。子どもたちが小さい頃は、我慢させるのが大変でした。

 さらに、遊びに行く日時を伝えて行っても、ルーティンのために留守が多いのです。義母の帰宅時刻は、予定時刻を大幅に超えることも少なくありません。義母の帰宅時刻=私たちの帰宅予定時刻 という事もしばしば…。正直、来なきゃよかったと思うことさえあります。

 夫が一度
 「孫が来るときくらい家に居て!」と伝えたのですが、義母は
 「いつも出かけているから、つい出かけちゃうのよね~」と変わる気がない様子だったとか。孫が来るときくらい、ルーティンを変えて欲しいものです。

義母には期待しないのが一番?

 義母の家に遊びに行っても留守が多く、義母が留守だと暇なので、子ども達は夫が昔使っていたゲームで遊んでいます。そのため
 「おばあちゃんち、つまらない」と言うようになってしまいました。

 義父や、義母の両親は他界しているので、義母はいわば自由の身。1回くらいは一緒に外食をしたいです。
 私は、結婚前から義母と出かけることを楽しみにしていました。期待していた分ショックが大きかったので、これから結婚される方は、「義母とのお出かけ」は期待しないのが無難です。

(ファンファン福岡公式ライター / おうみ)

あわせて読みたい
なんで男の子を妊娠しないんだ! ドン引き旦那に義母がスカッと一言  妊娠中期にお腹の子の性別が分かり、その報告も兼ねて義実家にお邪魔したときのこと。旦那が言ったドン引きする一言と、そのときに義母が言ってくれたスカッとした一言を紹介させていただきます。
あわせて読みたい
義母に合鍵を渡したら黙って家に入ってくるように…それを撃退した秘策とは? お恥ずかしい話ですが、先日、鍵をなくして夜中に自宅から閉め出されてしまいました。玄関のインターフォンを鳴らしても、旦那の携帯電話にかけても応答無し。熟睡した...
あわせて読みたい
義実家への帰省は短くしたい! 腹黒い私の秘策とは…  今年のお正月、皆さんはどう過ごしましたか? 義実家への帰省で疲れた人も多いのでは。「結婚したら夫の実家に帰省するのが当たり前」という風潮。夫にとっては慣れ親しんだわが家への帰省ですが、私にとっては苦痛以外の何物でもありません。少しでも帰省日数を減らそうとする私の腹黒い考えを暴露します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる