真夏のキャンプにご用心! 日常の快適さを知るきっかけに…

 娘の7歳の誕生日に家族4人で初めてキャンプに行きました。しかし、楽しく出発した先に待っていたのは耐え難い1泊だったのです。「支払だけして別のホテルとる?」といい出す夫。だんだん元気のなくなる子ども達…。とにかく深く記憶に残るキャンプとなりました。

目次

お誕生日はキャンプに行こう!

写真AC

 キャンプに全く興味がなかったわが家。ですが、家族ぐるみで仲の良い娘の友達が何度も
 「楽しい」と言っていたこともあり、8月の娘の誕生日にキャンプへ行くことにしました。 しかし、わが家は全員潔癖のためテントではきっと眠れません。そこでエアコンや寝具も揃っているコテージキャンプを予約しました。

 ワクワクしながらコテージ到着。しかし、あるはずのものが見当たりません。恐る恐る係の人に
 「すみません、エアコンは…」と尋ねると
 「新型コロナウイルスの影響で全て撤去したんですよ!」と…。到着5分で顔面蒼白です。

 私が暑いところが大の苦手だと知っている夫は
 「支払いだけしてホテルとる?」と言い出します。しかし子ども達は初めて見る二段ベッドに大はしゃぎ! まさか、エアコンもテレビもないなんて… HPを見落としていた私が悪い。我慢して1泊することにしました。

キャンプに不向きな家族

 幸いなことにレンタルがあり、足りないものは全てレンタルします。係の人が親切に
 「キャンプっぽく寝袋もありますよ」と教えてくれたのでみんなに聞きます
 「寝袋がいい人?」返答なし。
 「お布団がいい人?」全員挙手。満場一致で布団に決定です。

 その後、川に遊びに行き、大はしゃぎの子ども達と全くテンションの上がらない私。夫に
 「車で涼んどく?」と言われます。

 一通り遊びつくし、部屋に戻ってもエアコンはなく、扇風機が2台あるのみ。そのまま水風呂へ直行です。家族の中で1番潔癖な夫は、古いお風呂場をつま先立ちで歩きます…。子ども達は裸にゴーグルで楽しそうに泳いでいるのが救いでした。

真夏のキャンプにご用心

写真AC

 しかし時間が経つと、元気だった子ども達も
 「あつーい! ひま!」と言いだします。あまりにもうるさいのでもう一度水風呂へ。水風呂で遊び、扇風機で涼むことを繰り返していると、日が暮れてきたので夕飯の準備を始めます。

 真夏にも関わらずクリスマスソングを流しながら、涼しいものしりとりをします。
 「かき氷・エアコン・雪だるま・アイス…」しりとりになっていなくても問題はありません。気持ちを涼しくしながらBBQの準備は完了です。

 5歳の息子には
 「BBQとか家で出来るやん!」と言われ、娘はボソっと
 「家に帰りたい…」とつぶやき、BBQは早々に終了したのでした。

 寝ようとしても、暑さと虫の音にイラ立つ夫と子ども達。そこで私は
 「今の気持ちを五七五で表そう!」と提案。
 夫「エアコンや・ああ恋しいな・エアコンや」
 娘「初キャンプ・エアコン恋しい・暑い夏」みんな日常が恋しすぎるようです。 

キャンプには向いている人・向かない人がいる

 翌朝、ぐったりで全員の顔から笑顔はなくなっていました。朝9時になった瞬間チェックアウトし、帰りの車内で
 「ここは天国だ―」と全員で叫びながら帰路につきました。快適キャンプの予定が、まさかの我慢大会に。帰りの車内で
 「家でエアコンを消して生活することはないから、いい経験が出来たね!」と、みんなでポジティブに話しました。

 帰宅後、お風呂に入りエアコンの効いた寝室でお昼寝。夜は庭でBBQをしました。もう私はキャンプには行きません。誰に誘われても、毎回丁重にお断りしています!

(ファンファン福岡公式ライター / ユズキ)

あわせて読みたい
親子でキャンプへ! SDGsを体感できる1泊2日のバスツアー発売 日本旅行(本社:東京都中央区)が展開する国内旅行ブランド「赤い風船」が発売50周年を迎え、その特別企画として1泊2日のバスツアー「親子で挑戦!夏のシン・キャンプ In いとしま・唐泊ヴィレッジ2日間」を販売しています。同ツアーでは、楽しみながらSDGsを学ぶことができ、6つのミッションに挑戦しながら新しい形のキャンプ体験ができます♪
あわせて読みたい
夢の国からの帰り道「一番楽しかったのは~!」息子の回答にあぜん!  子どもが生まれてから、週末の過ごし方が、がらりと変わりました。それまでは、家でだらだら過ごすのが最高だったのですが、今では週末にキャンプや公園、遊園地と外へ出かけるようになりました。  その分、出費も多いので、子どもたちには出費を取り戻すくらい楽しんでもらいたいものですが…親の心、子知らずのようです。
あわせて読みたい
庶民妻は驚いた! 夏休み、セレブママの子どもの預け先とは!? 小さい子どもがいる家庭は、夏休みをどう過ごすかママは頭を悩ませがますよね。わが家の4歳の子どもが通う幼稚園には夏季保育がないので、長期休みをどう過ごすか悩んでいました。顔見知りのママ友Aさんにそんな話をしてみたら、驚くような提案をされたんです!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる