8年目カップルのバレンタイン! マンネリ解消に私がやったこと

 夫とは交際10年以上で結婚しましたが、毎年頭を悩ませたのはバレンタインのプレゼントです。いつもチョコを渡していたのですが、長年交際していると、さすがにマンネリ化してきます。そこで考えた方法が夫に好評だったので紹介します。

目次

私が手作りをやめた理由

出典:Pexels

 中学生の頃から交際していた夫には、バレンタインになると毎年チョコ渡していました。当初は手作りチョコだったのですが、2年目になる頃から「もしかして私って、お菓子作りが下手かも?」と気がつきました。  そこで勇気を出して、「私お菓子作り下手だよね?」と夫に聞いてみると「うーん…気持ちは嬉しいけど、まあ上手ではないよね」との返答が。  確かに当時実家暮らしで、全く料理をしなかった私が、バレンタインやクリスマスだけ張り切ってお菓子を作ろうとしても上手くできるわけがありません。  「プレゼントは気持ちが一番大事!」と言いたいところですが、受け取る人の立場になればチョコは美味しいに越したことはないはずです。夫の正直に反応に感謝しつつ、翌年からはデパートで買ったチョコを渡そうと決意したのでした。

グレードアップ地獄とマンネリ感を解消したい!

 バレンタインは手作りから買いチョコに切り替えた私。夫に前回よりも驚いてほしいという気持ちからか、毎回用意するチョコがグレードアップし、値段も上がっていってしまいます。学生だったにも関わらず、交際7年目頃には某有名店の1万円近くするチョコを購入していました。  それに加えてアクセサリーなどのプレゼントも用意したので、アルバイトだけが収入源だった私のお財布事情は少々厳しい状況に…。  夫はチョコが一番の大好物。良いものを買えば買うほど喜んでくれるのですが、そのうち私は「このまま高級チョコを買い続けるのは出費的にも痛いし、もし結婚して何十年も渡すようになったらキリがない!」と気が付きました。

脱マンネリ! バレンタイン8年目はチョコを8個渡し、モテモテ気分に!?

出典:Pexels

チョコをグレードアップしていくだけではマンネリ化すると気がついた私は、8年目のバレンタインにはちょっと方向性を変えてみることにしました。少々単純ですが、8年目なので色々なチョコを少量ずつ、合計8個渡すことにしたのです。  違う店舗でチョコを8個買えば当然袋も増えるので、夫もまるでたくさんの女の子からプレゼントを受け取ったような気分になれて面白いかも? とおふざけ半分でやってみることに。  チョコの値段は1つあたり500円〜1,000円程度にし、予算である5,000円〜6,000円くらいに抑えるようにしました。結局その日は生クリーム系、ドライフルーツ系、洋酒系などジャンルの異なるチョコを8個購入。  バレンタイン当日、いざ夫にチョコの山を渡してみると「何これ!? めちゃくちゃ嬉しい!!」と今までで一番大喜びしていました。  夫が自宅に大量のチョコを持ち帰ると家族からも「そんなにもらってどうしたの?!」と驚かれたようです。もちろん私1人からのチョコだと分かって苦笑されたそうですが(笑)  夫としては色々な種類のチョコを試すことができたので、自分がどんな味・風味が好きかをソムリエ気分になって知ることができて楽しかったそう。  ちなみに8店舗の中ではほんのりお酒が入ったトリュフが一番好きだったそうで、今でもバレンタインのチョコ選びの参考にしています。 (ファンファン福岡公式ライター/ヒイラギ)

クラス一のモテ男に手作りチョコをあげよう! 5歳娘のドキドキ体験

トイレに行ってばかりいる新人アルバイト!一体何をしているの?

見た目はお菓子?!「バレンタインかまぼこ」にキュン!【西門蒲鉾】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる