母乳育児は誰のため?追い詰められたママが自己暗示から抜け出せた瞬間!

初めての妊娠中、母乳は出るもの! と完全に思っていました。しかし思うようにいかず、退院してから母乳量を増やすための試行錯誤が始まったのです…。

目次

全ては母乳のため!

写真AC

 母乳の出を良くするために、毎朝5時に起き、根菜類がゴロゴロ入ったみそ汁を作り、茶碗大盛り2杯の玄米を食べました。また、母乳アップ専用のハーブティを毎日4リットル飲み、体の冷えが良くないことを勉強し、徹底的に体を温めました。 しかし、子どもはなかなかお腹いっぱいになってくれず、吸い疲れて眠ってはまたすぐに目覚め、おっぱいを探すのです。  その繰り返しで、授乳間隔が30分空かない時も多々ありました。 
 1日のほとんどの時間が授乳で、肩凝りはひどく、乳首は切れ、乳頭保護具を使用しなければならないほどでした。

 なかなか満足してくれない子どもに苛立ちも感じ始め、すがる思いで母乳外来へ行くことに。助産師のおっぱいマッサージや指導を受け、しばらく様子を見ることになりました。

 しかし、週に1回ひと月通っても状況は変わらず、週2回通っても母乳量は増えなかったのです。この施設までは電車で一本、1回の費用は3000円程かかりました。体力的にも金銭的にも負担は大きかったものの、結果はついてきてくれませんでした…。

 私は勝手に追い詰められ「母親失格だ」と、せきを切ったかのように泣き崩れました。 義母からは、
 「(義姉)は、ご飯や水分をいっぱい摂って、色々気にしてやってたけどねー」と、悪気のない嫌味を言われたこともあります。

 ママ会では、他のママたちが授乳ケープで授乳を始める中、私は哺乳瓶と水筒を取り出します。
 「あ、ミルクなんだねー! 大変ね」と言われ、何とも言えない思いをしたこともあります。

追い詰められた私が気づいたこと

 そんなある日、色んな感情が巡り、呆然としていると、そこにはわが子が天使のような顔で眠っていました。 この時私は、はっ! とさせられました。1番苦しい思いをしていたのは、子どもだったと気づいたのです。

 お腹が満たされず、出ないおっぱいを一生懸命、吸い続けていた子ども… 疲れ果てて眠っても、空腹でまたすぐ目が覚めてしまう子ども… 抱っこしていても 、いつもおっぱいを探していた子ども…  申し訳ない思いでいっぱいになり、「なんということをしてしまっていたのだろう」と、涙が止まりませんでした。

写真AC

 私は3人の子どもを授かることができました。その度に助産師からは
 「仕事復帰しないのなら母乳で頑張ってみて!」と勧められました。 でも、自分を追い詰め、まだ小さいわが子につらい思いをさせるくらいなら、私は完全ミルクで何の問題もないと思っています。完全ミルクで育った3人の子どもたちは、大きな病気もせず元気に成長してくれていますよ。

(ファンファン一般ライター)

あわせて読みたい
母乳のため!と白ご飯を毎食2膳食べ続けた結果 大変なことに… 産後すぐに保育器に入った次男。 当時、次男のために私ができることと言えば、絞った母乳を届けることくらい。せめてこれだけは頑張ろうと決めた私は、母乳の分泌を増やすため、毎食ご飯を2膳以上食べ続けました。その結果、母乳は十分足りるようになったのですが…。卒乳後にまさかの展開を迎えた体験談です。
あわせて読みたい
「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれた看護師さん  出産前後で、大きく価値観が変わる体のパーツといえば、【おっぱい】ではないでしょうか。 産前は、大きな胸や形の良い胸がもてはやされていたのに、産後は、しっかり...
あわせて読みたい
授乳で修行僧のような1年半!卒乳まで涙の道のりとは  赤ちゃんを産んだばかりのママたちを悩ませるのが、授乳の問題。母乳でもミルクでも、赤ちゃんが栄養をとれていれば十分と割り切れればいいのですが、何とか母乳で育...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる