「可愛く言って?」兄弟げんかを一瞬で終わらせる魔法の言葉

 寄ると触るとはじまってしまう兄弟げんか。けんかするほど仲が良いとは言いますが、あまりに頻繁だと親もつい叱ってしまって、対応に悩むこともありますよね。でも、そんな時に険悪な空気を一掃してしまう一言を発見! わが家のけんか抑制法の1つとなっている魔法の言葉をご紹介します。

出典:iStock.com/vesmil

 わが家の息子は5歳と4歳の年子の兄弟。 最近では、2人ともそれなりに自己主張が強くなってきており、兄弟げんかが頻発しています。 それはそれで、1つの成長の証として大事なことではあるのですが、毎日のように同じ光景が繰り広げられると、「またか…」とげんなりしてしまう自分がいるのも事実。    その日も、息子たちは2人で仲良く遊んでいたかと思うと、1つのおもちゃを巡って取り合いをはじめました。 「ちょっと貸して!」「ダメ! これは僕が遊びたいの!」「なんで?!」  はじめは軽めの言い合いだったはずが、次第に口だけでなく手や足まで出てきて、お互いに叩いたり、つねろうとしたり。見かねた私が「何してるの! 叩くのダメって言ったでしょ!」と注意すると、「だって、○○が!」「お兄ちゃんでしょ!」とさらに2人の間の空気は険悪になってしまいます。  だんだんと強い口調になり、文句の言い合いがエスカレートしていく様子を見るに見かねた私。「もう! どうせだったら、子どもらしく可愛く言ってよ!」  すると、それまで悪口を言っていた長男が、素直に可愛らしい顔と口調で「ごめんね?」。 大声で抗議していた次男もそれにつられて「いいよ?」。 2人とも、語尾にはハートマークでもついていそうな可愛らしい口調です。

出典:iStock.com/JTSorrell

「おもちゃ、貸して?」 「いいよ?」  様子を見ていた私は、可愛いやらおかしいやらでニヤニヤ笑いが止まりません。  以来、息子たちのけんかで険悪なムードになると、私は「可愛く言って!」と声をかけています。 可愛く言おうとすると、それまでの勢いがそがれてしまうのか、お互いにちょっとクールダウン。 表情も言葉もちょっと優しくなります。  そして、可愛く文句を言う様子に、もう一方が吹き出してしまったりして、お互いが笑顔になってしまうことも。こうして、兄弟げんかがいつの間か終わってしまいます。  実はこの「可愛く言って」、わが家では兄弟げんか以外にも効果を発揮しておりまして…。  最近では、息子たちを叱る時や、夫婦げんかになりそうな時、息子たちの方が私たちに「可愛く言って?」と言ってきます。  「可愛く?」と一瞬踏みとどまって考えると、感情的になってしまっていた気持ちが静まって、怒っていたことがばかばかしくなってしまうこともあります。それに、大の大人が照れながら「これは止めてね?」なんて可愛らしく言っている様子は、息子たちにはとても面白いらしく…。  その笑い声に場の緊張感がかき消されてしまいます。 「可愛く言って?」、わが家ではけんかなどの嫌なムードを変える、魔法の言葉になっています。 (ファンファン福岡一般ライター)

双子は平等に育てるなかれ? 双子育児のコツとけんかの収め方

おもちゃを貸してって言われたら こんな時どうする?

妹が好き過ぎるお兄ちゃん、愛ゆえの珍行動に苦笑い

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる