GW旅行、初の飛行機でパニック寸前?! 帰りに見せた息子の行動に仰天

 4歳で初めて飛行機に乗った息子。離陸後に耳抜きがうまくできずに騒ぎ出したものの、CA(キャビンアテンダント)さんの気配りのおかげで無事に目的地に到着しました。そして旅行を満喫した帰りの飛行機。そこで息子がとった驚きの行動とは。

目次

初めて飛行機に乗った息子

写真AC

 息子が4歳で初めて飛行機に乗ったときの話です。GWの家族旅行は飛行機を使って、大阪の某テーマパークに行くことになりました。乗り物大好きな息子は、大はしゃぎ。

 そして、出発日。空港では、飛行機の飛び交う姿に大興奮の息子でしたが、いざ搭乗の時間が迫るとだんだんと緊張してきた様子。私たちも「楽しみだねぇ。お空から海が見えるかな?」などと前向きな言葉をかけて、息子がなるべく緊張しないように心掛けました。

 飛行機に乗り込むと、息子はさらに不安そうな顔をしています。私は、騒ぎ出すのではないかとドキドキしながら見守っていました。けれども、機内で子どもに配られるおもちゃの効果もあり、騒ぐこともなく無事に離陸。私もホッと胸をなで下ろしました。

 ところが、それもつかの間、突然
 「耳が痛い!」と息子が騒ぎ始めました。そう、気圧の変化によって、耳が痛くなってきたのです。この事態は私にとっては想定外でした。
 「唾をゴックンすると痛いのが治るよ」と教えても、息子は半ばパニック状態。うまく唾を飲み込むことができず、ますます
 「痛い!」を連呼。そんな息子の様子に気付いたCAさんが飴(あめ)をいくつか持ってきて、
 「飴をなめると良くなるから、どうぞ」と優しく息子に差し出してくれました。CAさんの心遣いに感謝です。

 息子は、親の言うことは聞けなくても、他人のアドバイスは素直に受け入れられるタイプ。すぐに飴をなめて、うまく耳抜きに成功したらしく、息子は急に上機嫌。私もようやくほっとしました。その後は快適な空の旅となり、無事に大阪に到着。2泊3日の旅行を存分に楽しみました。

 そして、帰りの飛行機。行きでのハプニングがあったので、私は抜かりなく飴を数個用意しておきました。ところが…。

帰りにもハプニング?!

写真AC

 搭乗した途端に、息子が
 「耳が痛い!」と騒ぎ出したのです。まだ離陸していないので、気圧も何もないはずなのに… と思いつつも、私はすかさず飴を渡しました。

 息子はガリガリとかみ砕いて食べるので、飴はあっという間になくなってしまいます。そして、気付いた時には手元の飴はゼロ。まだ離陸前だというのに、もっと耳が痛くなったらどうしよう?と焦る私。

 すかさず息子が
 「飴が足りない。もらって」とニヤニヤしながら言い出すではありませんか! 私は、その言葉でようやく、飴ほしさの行動だったのだと気付きました。

 完全なる確信犯です。 とはいえ、耳が痛くなっては困るので、結局、CAさんに頼んで飴をもらいました。すると息子はニンマリ。あまりのずる賢さに、私はCAさんに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 この出来事をきっかけに、息子は小学校に入学するまで、飛行機に乗るたびに同じことを繰り返しました。変なことばかり学習能力が高くて感心します…。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
4歳の娘がお年寄りを転ばせた? 救急車に警察まで来てパニックに… 家の近くの公園で遊んでいた時、娘が散歩中のご老人を転ばせてしまったようでかなりの大ごとに。救急車だけでなく警察も来る事態となり、娘がしてしまった事の大きさに親として猛反省したエピソードを注意喚起の意味も含めてお話します。
あわせて読みたい
4歳の娘 言い間違いに気付いた一言に、思わず大爆笑! 幼い子の言い間違いって、かわいいですよね。私は、娘の言い間違いが大好きで「成長すると聞けなくなるのは寂しいな~」なんて思っていました。ある時、自分の言い間違いに気付いた娘の反応に、私は思わず吹き出しました。その時のエピソードを紹介します。
あわせて読みたい
4歳息子の療育教室デビュー! 「通ってよかった」と感じた理由  3歳児健診で療育へ通うことをすすめられた息子。日常生活での困りごとはさほど見られなかったためしばらく様子を見ていましたが、近所に療育教室がオープンしたのを機...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる