深夜まで続く義実家のバーベキュー ありえない一言にドン引き!

 皆さんは、ゴールデンウィークをどのように過ごされますか? 忙しい4月を終えてひと段落。ゆっくり体を休めたり、リフレッシュに出かけたりするのではないでしょうか。でも2児の母の私にとって、それはとても憂鬱な連休。理由は、義実家で夜遅くまで繰り広げられる恒例のバーベキューがあるからです…。

目次

毎年恒例のバーベキュー

出典:写真AC

 ゴールデンウィークは毎年、義実家で親戚を呼んだバーベキューが開かれます。  子どもから主人のおばあちゃんまで総勢15人ほどが集まる会。長男の嫁にとってはそれだけでも憂鬱な気持ちですが、スケジュールがとてもヘビーなのです。  一昨年のゴールデンウィークはいつもよりきつかったことを覚えています。  朝8時集合で義母と一緒に食材の買い出し、下ごしらえ、タープを建てる、テーブルや椅子のセッティング。大慌てで準備が終わった昼前に親戚が集まり、バーベキューが始まりました。  主人は食材の焼き係、私は子どもを見ながら、飲み物がなくなった人はいないか? 食べ物は足りているか? など気を配り、食事にありつく暇はありません。  夕方やっと椅子に座り、ひと段落できましたがほんの束の間、夜の宴会の準備が待っています。  子ども達に早めに夕食を作り、風呂に入れ、いつでも寝ることができるようにしておきます。同時進行で、洗い物や続いているバーベキューの食材の追加。  主人も義母も酔っ払っているので、私だけが準備をするのです。子ども達は眠くなってきて、ぐずりはじめます。  「泣いているよ。見てあげて!」と、親戚からの声が聞こえますが、代わりにあやしてくれる人は誰もいません。せわしなくしているのは私だけ…。  「正直しんどい!!」大声で言いたくなる衝動にかられながらも黙々と支度をしました。

追い打ちをかける出来事が!

出典:写真AC

 宴会は夜になっても勢い衰えず、気がつけば夜10時。子ども達が寝てからは、やっと私も加わります。  「もういい加減終わって欲しい」と思いながら、体力の限界で私がボーッとしていた時です。さらに追い打ちをかけるような出来事が!  「まだ若いのに頼りないわねえ」と、主人のおばあちゃんから肩をたたかれました。  「おばあちゃんはまだまだ元気なのに、お嫁さんが一番体力ないわねえ」義母もかぶせて言ったのです。  その言葉で私は、体力のみならず、気疲れの限界も迎えました。  「ははは…」  その時は、何を言っても無駄だろうと笑うことしかできず、何とかやり過ごしました。  宴会は、庭から義実家の中に移り、終わったのは深夜0時。驚きなのは、90歳近い主人のおばあちゃんが最後まで参加していたことでした。

翌日からはぐったり

出典:写真AC

 バーベキューの片付けをして自宅に帰ったのは深夜2時でした。翌日は家事はおろか、子ども達の世話すらできず私は寝込んでしまいました。  2日間は体が思うように動かず、子ども達に「せっかくの連休なのにごめんね」という思いでいっぱいでした。  まともに外出できなかったわが家。私は、旅行やレジャーで楽しむ友達がうらやましく感じました。  義実家の誘いを断って、たまには家族だけで過ごしたいけど、夢のまた夢だろうなとあきらめていました。  ところが昨年は、コロナの影響でバーベキュー会は中止になりました。家族と自宅でのんびり過ごしたゴールデンウィーク。久しぶりにゆっくりと楽しめた気がします。  つい最近、義母から、今年もやめておこうという連絡が届きました。このまま義実家の集まりが無くなればよいのに…! と切に願う私でした。 (ファンファン福岡公式ライター/こはる日和)

旦那の実家に帰省中におこった義両親との気ますぎる事件

帰省時の食事は仕出し&外食オンリー 他界した義母の意図とは…

会う度に嫌味しか言わない、姑の決まり文句にドン引き!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる