子どもがよくかかる手足口病とは? 大人がかかると悲惨!

 子どもが夏場によくかかる手足口病ですが、実は手足口病にかかるのは子どもだけではありません。 むしろ、子どもよりも症状がひどいことから、看病する大人こそ注意しなければならないことをご存知でしょうか? 実際に、子どもから手足口病をうつされたわが家のパパの話をご紹介します。

目次

はじまりは子どもに出た湿疹…

出典:写真AC

 ことの発端は、当時4歳だった息子の手の平にできた小さな発疹でした。  夏場だったこともあり、「あれ、虫に刺された?」程度にしか考えていませんでした。でも、よくみると足の裏やお尻、太ももなどにも同じ発疹を発見。ここで初めて「これって手足口病では…?」と疑いはじめました。  そういえば幼稚園でプールに入っていたし、手足口病にかかった同学年のお友達の話を聞いていたこともあり、翌日すぐに小児科に連れていきました。  診断結果は予想通り手足口病。幸い、息子は発熱や喉付近の発疹は出ず、安静に過ごしていると数日で良くなっていきました。

風邪を疑ったパパの高熱

出典:写真AC

 息子が完治してから一週間ほどして、今度はパパが39度を超える高熱を出しました。本人も風邪か、疲れによる発熱だと思っていたようですが、少し前から足の裏に違和感があったそうです。    特に気に留めていなかったようですが、足の裏を見てみると見たことのない小さな発疹が…。  発疹を見て初めて「もしかして、息子の手足口病がうつった!?」と気づき、病院を受診したところ、手足口病で間違いないとの診断でした。  息子は熱も痛みもなく、比較的軽症でしたが、パパは悲惨でした。  高熱が2日ほど続き、足の裏や手の平、口の中にもたくさんの発疹が出て、さらにはひどい痛みがあるとのことでした。足の裏に発疹があるため、歩くと激痛が走るようで、とてもつらそうでした。  完治してから聞くと、「口内炎が痛くて、飲むのも食べるもの辛いのが地獄だった…」と言っていました。 息子とは全く違う症状だったので同じ手足口病なのに、人によって差があること、大人の方が症状がひどいことに驚きました。

触れ合っていなくてもうつる手足口病

出典:写真AC

 パパが手足口病になっていることを聞いたとき、私が一番最初に思ったことが「なぜ、パパが?」でした。というのも、息子の看病は母である私一人がしていましたし、うつることを危惧してタオルや布団など肌に触れるものは全てパパと分けていました。  それなのに、一番近くにいた私にはうつらず、距離を置いていたはずのパパにうつってしまいました。  調べてみると、治った後も便からウイルスが排出されるのだそうです。もしかすると、パパは疲れで免疫力が低下していたのかもしれませんし、発症する前のオムツ替えの短時間で感染してしまったのかもしれません。私もパパも「手足口病=子どもの病気」だと思い込んでいたこともあり、大人にうつるとは思いもしませんでした。

油断は禁物!看病する大人も細心の注意が必要

出典:写真AC

 子どもが熱を出していたり、体調を崩したりしていると、自分や他の家族のことは後回しになりがちです。  でも、実際には手足口病に限らず、インフルエンザや風邪も子どもから大人にうつるのはよくある話で、例外はないということを痛感した出来事でした。  パパははじめて手足口病にかかり、「もう二度と手足口病にはかかりたくない」と言い、夏場になると手洗いうがいを徹底し、子どものオムツをかえた後に消毒をするなど用心しています。  大人は大丈夫だという油断禁物! 私も最低限、手洗いや消毒を徹底していこうと強く感じています。 (ファンファン福岡公式ライター/yum2525)

大人こそ要注意! 爪もボロッと剥がれてしまう手足口病

水ぼうそうのウイルスに気に入られた? 長男の話

私が体調を崩すと「俺も…」と具合悪いアピールする夫に試したのは

お見舞いにおすすめな果物と果物ギフト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる