園ママの顔が覚えられず大失敗! コロナ禍の役員は大変

 元々人の顔や名前を覚えるのが苦手な私。しかし保育園の役員を務めることになり、否が応でもクラスの保護者全員を把握せねばならなくなりました。何とか任務を遂行しようとしたのですが、就任早々に赤っ恥をかいてしまった話です。

目次

園ママとの関係が希薄ななか役員になって右往左往!

出典:写真AC

 わが家の子どもたちが保育園に入園してから1年。それぞれ1歳児クラスと4歳児クラスに進級し、すんなり新しいクラスに溶けこんでいます。  一方、母親の私は困惑していました。  下の子のクラスの役員を引き受けたものの、半数以上の保護者の顔と名前がわからないのです。  コロナ感染防止対策のため、園の行事は軒並み中止。各家庭、送迎の時間帯もまちまち。保護者全員が顔を合わせる機会がない上、みな顔の下半分はマスクに覆われています。  保護者間の連絡はLINEで行っているため、なるべく早く新入園児の保護者をグループに招待する必要があるのですが…。  保育園のなかで、最も新入園児数の多い1歳児クラス。  個人情報に配慮してか、園からほかの保護者の連絡先は教えてもらえず、送迎の時に自分で声をかけて確認する必要があります。  「あの、新入園の方ですよね?」  「そうですけど」  「実は保護者のLINEグループがありまして…」  おずおずと声をかけたら、別の学年の子のママだったり、すでに連絡先を交換済のママだったり…。  それでも、何とか任務を遂行していたある日のことです。

怪訝な顔をされ…

出典:写真AC

 「すみません。新入園の方ですよね?」教室から出てきた見覚えのないママに、すかさず声をかけた私。  「あ、はい。そうですけど…」  はじめましての挨拶から、保護者会についての説明、LINEグループへの招待。忙しい夕方に時間を取ってはいけないと、矢継ぎ早に話をしました。  「お忙しいところ、引き止めてごめんなさい。後ほどグループのみなさんへ自己紹介をよろしくお願いします」  「あ、はい、わかりました…」  よかった。これでまた1人グループに追加できた!  相手のママが少し怪訝な顔をしていたのが引っかかったものの、ほっとしながら園を後にしたのですが…。

メッセージに愕然!

出典:写真AC

 しばらくして、LINEグループに投稿された自己紹介のメッセージを目にして愕然!  さっき話しかけたママは、上の子と同じクラスのママさんだったのです。  しかも、時どき立ち話もしており、下の子が同じクラスに入園する予定であることも聞いていました。1年前から顔見知りだったはずなのですが、焦りからか全く気づかず…。  どうりで訝しげな表情だったわけです。まるで初対面であるかのように話をされたのですから。  「先日はごめんなさい。私、人の顔を覚えるのが不得意で。LINEの自己紹介を読んで初めて○○さんだってハッとして…」  恥ずかしくていたたまれず、数日後に会った際、謝りました。    相手のママさんは、笑いながら「大丈夫です」と流してくれましたが、こんな調子では、他の保護者との関係にも支障が出てくるかも… と、危機感を覚えました。  以来、同じクラスの保護者の顔と名前は頑張って覚えるように心がけています。  ロッカーや下足箱の名前と、使っている親の顔をさり気なく確認したり。わが子に、こっそり「あれは誰のママ?」と聞いたり。  私より子どものほうがよく知っており、頼もしく感じている今日この頃です。 (ファンファン福岡公式ライター/桐谷きこり)

ママ友付き合いが苦手だったけど…類は友を呼ぶらしい!?

幼稚園のママ友にドン引き! 驚きのエピソードとは

聞いてびっくり! 専業主婦ママ達がハイスペックだった話

入園祝いに贈りたいおすすめギフト11選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる