犬はどこから迎える? ショップ、ブリーダー、保護の良い点と悪い点

 「子犬を飼おう」と決めたとき、どこから子犬を迎えますか? 最近ではペットショップやブリーダーからだけでなく、保護施設から犬を引き取る人も増えています。それぞれのメリットやデメリットを考えてみましょう。

目次

早く飼いたい人におすすめなのは?

出典:写真AC

ペットショップ

 子犬を飼いたいと考えた場合、多くの人がペットショップへ足を運ぶのではないでしょうか? ペットショップではたくさんの子犬が展示され、他の子犬と比較しながら選ぶことができるのがメリットです。好きな子犬を見つけると、当日、または数日以内に連れて帰ることができるので、すぐに子犬が欲しい人におすすめです。  反面、ペットショップには人気犬種しかいない場合が多く、特定の犬種を飼いたい人は、お気に入りが見つけられないかもしれません。また、親犬や子犬が生まれた環境を確認できないのもデメリットです。

珍しい犬種を飼いたい場合や生まれた環境を知りたいなら

出典:写真AC

ブリーダー

 ブリーダーは犬を繁殖させ、生まれた子犬を販売する人です。扱っている犬種について、深い専門知識を持っている場合が多いです。質問がたくさんある人や珍しい犬種を迎えたい人に向いています。また、親犬や子犬が生まれた環境を見ることができるので安心です。ペットショップよりも手頃な価格で買える場合も多いようです。  しかし残念ながら、中には利益優先で無責任に繁殖させている悪質なブリーダーもいます。ブリーダーから子犬を迎える場合は、信頼できるブリーダーを探すのが大事になります。子犬を迎えるまでの待ち時間が長い場合もあります。

殺処分から命を救いたいと思うときは

出典:写真AC

保護施設

 最近では、捨て犬などの保護施設から犬を迎える人が増えています。保健所や保護施設には、殺処分を待ちながら毎日を過ごしている犬がたくさんいるのが実情です。そんな犬を迎えることで、命を救い、幸せな余生を提供する喜びが得られます。ペットショップで買うよりも費用が安く抑えられる利点もあります。  しかし、保護施設には子犬だけではなく、成犬もたくさんいます。成犬は保護施設にやってくる前に怖い経験をしたり、飼育放棄をされたりしている場合があり、人になつかないなど、問題行動がある可能性があります。また、犬をきちんと育てられるかを確認するための譲渡条件がある場合がほとんどで、これをクリアする必要があります。

出典:写真AC

 犬をどこから迎えるか、それぞれのメリットとデメリットを知り、よく考えて自分に合った場所を選ぶのが大切です。どこからであれ、犬についての知識を深め、生涯飼育できるようにしっかりとした準備が必要ですね。 (ファンファン福岡公式ライター/Nachobillyanna)

自分に合った犬の選び方を知っていますか?

「国犬」って知ってる? 世界各国の国犬を紹介

雨の日もOK! 犬と楽しむ室内ゲーム教えます

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる