リングボーイが本番直前に拒否! ドタバタ結婚式の結末は?

 息子が小学1年生の時、私のいとこの結婚式で、結婚指輪を運ぶリングボーイを頼まれました。一度は引き受けたものの、本番直前になって息子は「やりたくない」と言い出しました。私は必死に説得を試みましたが、果たして結末は?

目次

引っ込み思案の息子にリングボーイの大役が

出典:Wedding photography – stock.adobe.com

 私には、15歳年下のいとこがいます。私の結婚式では、当時小学4年生だった彼女に、リングガールを務めてもらいました。そんなこともあり、いとこの結婚式が決まると、うちの息子に「リングボーイをお願いしたい」と頼まれました。  「自分の結婚式でリングガールをしてくれたいとこの結婚式で、息子がリングボーイをやるなんてすてき!」と私は大感激。一も二もなく快諾しました。  とはいえ、息子は引っ込み思案な性格なので、この大役を果たせるでしょうか。  そこで、私はこう説明しました。  「○○お姉ちゃんが結婚式にリングボーイをやってほしいって。結婚指輪を届けるだけだから大丈夫だよ」。息子は、一瞬考え込んだものの「分かった」と承諾してくれました。  いとこも、息子の性格を知っているので、念のため新郎のおい(4歳)にも頼んでいました。もしものことがあっても、どちらか1人がやってくれるだろうと予想したのです。

プレッシャーに耐えかねた息子が断固拒否! 代わりは誰が?

出典:ViDi Studio – stock.adobe.com

 そして、いよいよ結婚式の当日。本番前に1度リハーサルをすることになりました。そつなくこなす息子の姿を見て、私は「これなら本番も大丈夫!」と一安心しました。  一方、新郎のおいはまだ4歳と幼く、泣きだしてしまいました。これでは本番は難しいと新郎新婦は判断して、リングボーイは息子1人でやることになりました。  ところが、本番直前。人が集まりリハーサルとは違う雰囲気でプレッシャーを感じたせいか、息子が「どうしてもできない」と言いだしたのです! 私と母でギリギリまで説得するも、断固拒否の姿勢は変わりません。  息子はおばあちゃんっ子なので、母の言葉なら聞き入れてくれると思い「大丈夫だよ。ちょっと指輪を運ぶだけだからできるよ」と励ましてもらいましたが、それでも息子は首を縦に振りませんでした。  開式が差し迫り、これ以上の説得は無理だと思いました。このまま無理やりやらせたら、途中で逃げたり、泣いたりして、新郎新婦や参列者に迷惑をかけかねません。いとこには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、最終的に「できない」と申し出ました。  結局、誰がリングボーイをやったのかというと…  本番では、式場のスタッフが指輪をこっそりと運んでいました。リハーサルに比べると物足りなさは感じましたが、息子が泣いて台無しにするよりはよかったと思っています。  プレッシャーから解放された息子は、結婚式でも披露宴でもずっと笑顔で、おとなしくしていました。いとこに会うと、いまだに笑い話としてネタにされるエピソードです。 (ファンファン福岡公式ライター/kotchan)

理想はどこに? 幸せなプレ花嫁期間なんてなかったバタバタ結婚式

お色直し5回!花婿置いてけぼりの花嫁ファッションショー結婚式

義母マイルールは確認必須! 結婚式後に「お返しは?」と言われ仰天

結婚祝いにおすすめの気の利いたギフト券

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる