祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。

イラスト:チョコ太郎

 祖母が十五の年、ひどい吹き降りが何日も続いた。普段見慣れた川も表情を変え、溢れんばかりの濁流と化していた。  そんなある日、祖母が父親と二人用事を済ませた帰り道、川に差し掛かると顔見知りの◯さんが立っている。  「◯さん、川はこんなんなっとるから危ないよ」と思わず口に出た。  ◯さんはそれに答えず、ニコニコしながら川を見ている。

出典:チョコ太郎

 父親も心配になったのか二三、言葉を交わした後、祖母の手を強く引いてその場を離れた。  二人が何を話したのか祖母はよく聞き取れなかったが、何故か尋ねてはいけないような気がして黙って歩いた。

出典:チョコ太郎

 翌日、◯さんがいなくなったと大騒ぎになった。村中総出で探したが、見つからなかった。  その夜、隣の部屋で父親が「『…が来る…で待っとる』って言うてたもんな」と話すのが聞こえた。  「川に呼ばれたんだ」祖母はそう思った。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その拾肆(じゅうよん)「海が呼ぶ」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。今回は以前にアップしたその捌(はち)「は...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ葉」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が6歳の時の話...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その陸拾(60)「きてござる」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。  イラスト:チョコ太郎  小学校2年生の夏...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる