息子が弱視の可能性 「お前のせい!」夫の言葉に涙した理由とは

 息子が生後7カ月の時、眼科の先生から「弱視の可能性があるので経過観察」という診断をされました。そのことを夫へ伝えると「お前のせいだ!」と怒鳴られたのです。夫が私のせいだと言ったことには理由があり…。

目次

息子の目の動きがおかしいと気付く

写真AC

 私は生まれつき片目が弱視です。そのため自分の息子が生後間もない頃から、目の色や動きなどを注意深く観察して、異変にすぐ気が付けるようにしていました。

 ある日、息子が顔だけを片方に傾けてテレビを見ていることに気づいたのです。私も子どもの頃、顔を傾けて物を見る癖があったため、もしかしたら息子も目が悪いのかもしれないと異変を察知。すぐに眼科を予約しました。

 眼科と小児眼科、2つの病院で検査をしましたが、どちらの病院でも結果は同じ経過観察でした。私がネットで調べた「弱視は遺伝する可能性がある」という知識は、もしかしたら誤りかもしれないと淡い期待を込め、弱視と遺伝の関係について医師に確認をしました。

 どちらの医師も、遺伝すると断言はしなかったものの「必ずしも遺伝するとは限らない」と言われたのです。やはり遺伝する可能性もある、という現実を突きつけられ、覚悟はしていましたが目の前が真っ暗になるような感覚でした。

夫の言葉に追い打ちを掛けられる

写真AC

 帰宅後、診断結果と遺伝について、医師に説明されたまま夫へ報告。すると夫の表情は見る見るうちに暗くなり
 「もし息子の視力が悪くなったら、完全にお前のせいだ! 息子がかわいそう過ぎる」憎悪に満ちた厳しい目つきで私を睨み怒鳴ったのです。

 夫は普段から息子を溺愛していて、積極的に遊んだり、おむつを替えたりミルクや離乳食もあげてくれます。そして、口癖のように
 「息子が健康に生まれてきてくれて良かった」といつも言っていました。

 夫と付き合っていた頃から私が弱視であること、子どもに遺伝する可能性があることは伝えていました。まさか本当にそうなってしまうとは、夫は考えてもみなかったのでしょう。
 しかし、現実を受け入れたくないのは私だって同じです。息子が弱視だった場合、夫の言う通り私の遺伝の可能性が高いのです。病院からの帰り道、何度も息子に
 「ママのせいでごめんね。」と謝りました。そこに追い打ちを掛けるような夫の言葉に自然と涙が出てしまいました。

 泣きながらも、早期発見・治療をすれば治る可能性が高いため、息子の目の状態を今後は夫婦で注意して見ていきたいと夫へ伝えました。

 最初こそ声を荒げて興奮していた夫も、徐々に私の話を聞いてくれ
 「息子のためにできることは夫婦で協力していく」と最後には言ってくれたのでした。

 話し合い後、もし息子の様子が少しでもおかしいと感じた場合は、その様子を動画で記録を残し、夫婦で共有するようにしています。現在は2カ月ごとに定期健診へ通い、息子の様子を見守っています。

夫婦でいる意味とは

 夫は普段、息子の軽いけがや風邪については
 「大丈夫! すぐ治るよ」と言ってくれます。今回こそ、私は夫から根拠のない「大丈夫」が聞きたいと思っていました。当時の私が、自分の気持ちを考えてくれなかった夫の発言に怒りと悲しみを覚えたのは事実です。

 でも今になって思えば、夫も突然の出来事に余裕をなくして、それが怒鳴るという行為につながってしまったのかもしれません。自分が辛い時や余裕のない時こそ、相手を気にかけることが夫婦には必要だ思い、この体験後は気を付けています。私も夫も息子が大切だからこそ、息子のこれからを2人で見守っていきたいと考えています。

(ファンファン福岡公式ライター / くまよ)

あわせて読みたい
コロナ禍に2人目を妊娠! 周りの反応と私の妊娠中の過ごし方  コロナ禍の2020年6月、第2子の妊娠がわかった私。もともと2人目は欲しかったので嬉しくもある一方、前代未聞の状況に不安もありました。コロナ禍の妊娠に対する周りの反応や、妊娠中の生活で大変だったこと、病院の対応などを振り返ってみます。
あわせて読みたい
亭主関白な旦那が呟いた「ある一言」でスッキリした話  結婚する前は「男らしくてかっこいい!」と思っていた旦那でしたが、結婚してからは「男は外で仕事、女は家で家事育児」という考えを持ち、家のことをまったく手伝わ...
あわせて読みたい
旦那のこと、そこまで言う?! と思っていたけれど…  高校生の長男の保護者会に行った時のこと。周りのママは、もう成人した子どもがいるなど、わが家よりもちょっぴり先輩が多い状況でした。そこで聞く夫婦事情は、まだ...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる