夫の親戚が集まったゴールデンウィーク 一睡もできず散々な目に

 ゴールデンウィークには親戚一同が集まるという人も多いと思います。わが家も、夫の実家に集合するのですが、そこで「二度と泊まりたくない!」という経験をしました。今回は、休息のはずが疲れきって帰宅した経験をお話しします。

目次

仲良し家族が義実家に集合

写真AC

 私たち家族は、長期休暇を利用して夫の実家に集まるのが恒例。
 義実家がお祭りのように賑やかになるのを、優しい舅と姑は楽しみにしてくれていました。

 集合する家族は、わが家と、夫の兄の家族。
 わが家は小2の男の子が1人、義兄の家庭は中1と小4の女の子2人です。つまり、舅と姑を含め、一軒家に9人が集まります。

 義兄夫婦は穏やかで親切な人たち。怒ったところを見たことがありません。義兄はゲームが得意です。わが家の息子は
 「おじさんにゲームを教えてもらうのが楽しみ!」と懐いていました。

 義兄と息子がゲームするのを眺めたり、みんなでトランプをしたりして、あっというまに時間が過ぎます。

 そして、夜。順番に風呂を使い、寝る準備です。就寝場所は、義兄夫婦が8畳の居間に敷いた3枚の布団、私たち家族が6畳の洋間に敷いた2枚の布団です。

 しかし、義兄が恐ろしいことをさも平然と言ったのです。

 「夜中にテレビ使いたいからみんなで洋間に寝てくれない?」

2つの布団に6人で就寝

写真AC

 義兄は最近、はまっているオンラインゲームがあるとのこと。ゲーム機をテレビに繋ぎ、居間を独占したい様子。

 しかし、家具のある6畳洋間では、布団を2つ敷くのが限界です。そこに6人って無理があるでしょ…。そう思い、義姉か夫が断ると思ったのですが。

 義姉は、慣れた様子で穏やかに
 「いいよ」と快諾。夫も嫌そうな様子がありません。むしろ
 「いとこと一緒に寝られるって」と息子を焚きつけます。

 子どもたちは、一緒に寝られるとわかって嬉しそうに騒ぎ、義姉も
 「よかったね~」と受け入れる中、私だけ「嫌」とは言えませんでした。

 義兄は居間を独占し、私たちは6畳の部屋に布団を2枚敷きます。部屋の電気を消すと、下の姪が
 「暗いの無理!」と叫びました。

 義兄家族は、いつも豆電球をつけて寝ているそうです。私は真っ暗のほうが眠りやすいのですが、言い出せません。豆電球で妥協し、夫・私・息子・姪(妹)・姪(姉)・義姉、の順で寝転がりますが…。

 とにかく狭い! おまけに、自宅なら22時にはぐっすりの息子が、姪っ子とふざけ合って23時半を回っても眠りません。
夫が
 「そろそろ寝な」と注意して、嫌々口を閉じる始末でした。

次回のお泊りに向けて

写真AC

 24時を回る頃、ようやく皆の寝息が聞こえます。

 隣の夫はぐっすり。高校と大学は部活の寮で生活していたので、騒がしい環境に慣れているのです。義姉からも規則正しい寝息が聞こえます。そういえば義姉は5人兄弟でした。

 私はひとりっ子で、雑魚寝の環境に慣れていません。一睡もできず、皆の寝息と壁越しのゲーム音を聞きながら朝を迎えます。

 起床してきた義父母に
 「昨日はみんなで楽しそうだったね」と声をかけられ、苦笑するしかありませんでした。

 泊まりは2泊の予定です。「翌日も同じ状況だったらどうしよう」と震撼したのですが、義兄のゲームの予定はなし。別々の部屋で就寝しました。

 息子は渋りつつも、早めに寝てくれました。
 寝返りもできるぐらい広々とした環境で、私もぐっすりです。

 親戚に不満はありません。しかし、今回ばかりは、悪い人ではないけれど趣味に没頭する義兄を恨みました。次のお泊りには、絶対にアイマスクと耳栓を持参しようと決めています。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
シングル布団に親子3人? 義実家で過ごすお正月は肩身が狭い! 普段は良好な関係でも義実家へ泊まるとなると、多少なりとも気疲れするものですよね。私は気持ち以上に体も辛くて、新年早々疲労困ぱい…。年末年始、夫と2歳の息子とともに義実家へ帰省したときのエピソードをお話しします。
あわせて読みたい
非常識な義両親…新婚さんのマンションに、布団とペット持参で現れた 新婚時代に、義親にされて嫌だったこと。きっと誰しも「あの時は嫌だった…」と思い出す出来事があることでしょう。もしかしたら「あれも、これも嫌すぎて、義親と疎遠」...
あわせて読みたい
1人で寝るのは寂しい3歳息子 すんなり1人で寝始めたワケは?  親子で川の字になって眠ることは、とても幸せだと思います。しかし子どもの人数が増えると、そうも言っていられません。わが家では、もうすぐ4歳になる息子を1人で寝かせようと決めました。最初のうちは泣いて嫌がる息子に手を焼いていたのですが、夫のある策によって、1人で寝かせることに成功したのでした。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる