ベビーヨガって何? 自宅で簡単にできる赤ちゃんとのエクササイズ

 こんにちは! 一般財団法人 日本能力開発推進協会ベビーマッサージインストラクター及び、 ベビーヨガインストラクターのひなた葵です。ベビーマッサージとベビーヨガはセットで扱われることも多く、違いがよく分からないかもしれません。そこで今回は、この2つの違いを簡単に説明した後に、家庭でも簡単にできるベビーヨガを発達段階別に紹介します。

目次

ベビーマッサージとベビーヨガの違いは?

ベビーマッサージとベビーヨガは、共通しているところも多いです。  共通して挙げられる効果には、 ・赤ちゃんとのコミュニケーション ・赤ちゃんの免疫力向上 ・ママのオキシトシン(愛情ホルモン)の分泌  などがあるといわれています。  どちらも赤ちゃんの体に触れてスキンシップを図るところは、とっても似ていますよね。  では、どこが大きな違いなのかというと、ベビーマッサージは寝ている赤ちゃんの顔や体を触るものですが、ベビーヨガは赤ちゃんの体を持ち上げたりするなど、全身の動きが加わる点です。  手足を伸ばしたり、逆さになったり、回転したりと、いろいろなポーズを取ることで、赤ちゃんの運動能力の基盤作りにも役立つかもしれません。  ママやパパにとっても、いい運動になりますよ!

ベビーヨガをする時の注意点

 ベビーヨガは、動きも伴うコミュニケーションなので、赤ちゃんの発達段階によってできるポージングも変わってきます。  首が据わる前は、赤ちゃんを寝かせて行う「タッチヨガ」をしましょう。お座りができるようになれば、できるポーズもどんどん増えていきます。  無理のない動きで、赤ちゃんがケガをしないように充分気をつけながら、親子でいろんなポーズを楽しんでください。

自宅で簡単にできる赤ちゃんとのポーズ

首据わり期:おふね

出典:ひなた葵

 ママ・パパはあぐらをかいて座り、またがせるようにして赤ちゃんと向き合います。赤ちゃんの首の後ろに手を当ててしっかりと支えます。  そのまま、赤ちゃんを揺らすのではなく、ママ・パパ自身の体を左右や前後に揺らしていきましょう。赤ちゃんは、まるでゆったりと船に乗っているような刺激を感じます。  ママ・パパには腹筋強化の効果があり、赤ちゃんはバランス感覚を身に付けるのに役立ちます。  「どんぶらこっこ~」など楽しく声掛けをしながらやってみましょう。

お座り期:ひこうき

出典:ひなた葵

 赤ちゃんの脇をしっかりと支えながら、ママ・パパは膝を曲げた状態でゆっくりと寝ころびます。すねの上に赤ちゃんを乗せて落ちないように気をつけながら、膝を曲げたり伸ばしたりしてみましょう。  「ひこうき、ぶーん」など声をかけながら楽しく行ってみてください。  ママ・パパは筋力強化になりますし、赤ちゃんは平衡感覚を身に付けることができます。  赤ちゃんのおなかも刺激されるので、消化機能の活性化にもぴったりです!

ハイハイ期:高い高い

出典:ひなた葵

 軽く足を開いて立ち、赤ちゃんをしっかり支えながら外向きに抱っこをします。

出典:ひなた葵

 スクワットのようなイメージで、膝を曲げていきます。

出典:ひなた葵

 そのまま膝を伸ばしながら、無理のない範囲で赤ちゃんを持ち上げます。ここまでの流れを3回ほど繰り返します。  赤ちゃんがバランス感覚を身に付けるのにも役立ちますよ!

出典:Pexels

 いかがですか?自宅で簡単に実践できる、ベビーヨガのポーズを紹介しました。  ベビーヨガは赤ちゃんの運動だけでなく、ママは産後のシェイプアップに、パパは赤ちゃんと触れ合う時間が増えるので、おすすめですよ。  赤ちゃんの成長に合わせて無理なく挑戦できるポーズに取り組んで、楽しい親子時間を過ごしてみてくださいね。 (ファンファン福岡公式ライター/ひなた葵)

母乳育児は誰のため?追い詰められたママが自己暗示から抜け出せた瞬間!

産後の母乳育児に備え、 おっぱいのケアは妊娠中から!

母乳のため!と白ご飯を毎食2膳以上食べ続けた結果は…

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる