ゆず香る鴨ねぎ祭り! 資さんうどんで鴨南蛮鍋うどんを味わう!

 年末になり、寒さがより一層厳しくなってきました。1人暮らし歴15年の独身男にとっても、いろんな意味で寂しさを感じます。そんな12月も終わろうとしているのに、何やら祭りを開催している噂を聞きました。それが、資さんうどんで開催中の「ゆず香る鴨ねぎ祭り」です。生まれながらにしてお祭り男の私としては行くしかない!

目次

鴨を味わう! ゆず香る鴨ねぎ祭り

出典:UI

 資さんうどんで開催中の「ゆず香る鴨ねぎ祭り」では、鴨を存分に味わえる3種類のメニューを展開中です。 鴨南蛮鍋うどん 830円(税込み) 鴨つけうどん(温、冷) 890円(税込み) 鴨つけそば(冷) 950円(税込み)  脂がのってジューシーな鴨肉を7枚も味わえるということなので、期待が膨らみます。鴨から出るうまみ成分たっぷりの脂がおいしいんですよね。  とにかく体が温まるうどんが食べたいので、今回は鴨南蛮鍋うどんを注文しようと思います。

資さんうどんはとろろ昆布も無料トッピングできる!

出典:UI

 訪れたのは、資さんうどん原店。広々とした駐車場があるので、ありがたいです。外は寒いので、早速店内に入ってスタッフさんに鴨南蛮鍋うどんを注文。  資さんうどんは、天かすの他にとろろ昆布が自由にトッピングできるので、とろろ昆布が好きな私からすると非常に嬉しいところ。  待つこと5分、鴨南蛮鍋うどんがやってきました!

熱々のグツグツで登場! 鴨南蛮鍋うどん!

出典:UI

 グツグツと心地よい音を立てながら、鴨南蛮鍋うどんの到着です。見るからに体の芯から温まりそうで、早くハフハフしながら食べたい気分!  鍋の真ん中にのせられたゆずの香りと鍋の全体から香るだしの匂いが素晴らしい!  10月~2月にかけて旬を迎える太ねぎも沢山入っていて、食べ応えもありそうです。

ジュワッと広がる鴨のうまみと体の芯から温まるスープは最高!

出典:UI

 冷めないうちに鴨南蛮鍋うどんの熱々スープからいただきます。  心臓がギュッと掴まれたような感じの温かさが全身を駆け巡る!

出典:UI

 熱々のうどん麺を取り皿に移して食べてみると、もっちもちのうどんで更においしさアップ!  鴨を口に含めば、ジュワッと脂のうまみが広がります。大きめにカットされた太ねぎもシャキシャキしてておいしい!

出典:UI

 次にとろろ昆布と天かすを入れて味変!  とろろ昆布の磯の香りと天かすのザクザク食感がもっちもちのうどんに良いアクセントを加えてくれます。  最後はスープまでおいしくいただきました。

資さんうどんと言えば「ぼた餅」

出典:UI

 資さんうどんには、うどんの他にも丼ものやおでんなど多くのメニューがありますが、その中でもぜひ食べて欲しいのが「ぼた餅」です。  なんとこのぼた餅は年間で400万個以上売り上げているという超人気商品。食品添加物を一切使っておらず、毎日各店舗で1つ1つ丁寧に作られている逸品です。  会社や家族へのお土産にぴったりなので、1度味わってみてはどうでしょうか?

この冬リピート確定! 鴨南蛮鍋うどん!

出典:UI

 資さんうどんの鴨南蛮鍋うどんを食べて、体の芯からポカポカに温まりました。  この寒い冬に食べて欲しい、ぴったりのうどん。あのジューシーでうまみの塊のような鴨は、うどんの甘辛なだしとの相性が抜群です。ゆずがさりげなく香るので、さっぱりと食べることもできます。  さらに、冷たい「鴨つけそばとうどん」もあるので、これはまた違った感じに楽しめそうな予感!  この冬にリピート確定なうどんでした! (ファンファン福岡公式ライター/UI)

資さんうどん「ゆず香る鴨ねぎ祭り」

販売期間:12月21日〜終了日未定 価格: ■鴨南蛮鍋うどん: 830円(税込み) ■鴨つけうどん: 890円(税込み) ■鴨つけそば: 950円(税込み) 電話:093-932-4757

資さんうどん 公式サイト

【資さんうどん】毎年大好評の「年越しそば」 全店舗で予約受付中!

資さんうどん「サンキューお得セット」が販売!12月7日(月)から

「資さんうどん」の”もつ鍋”がさらにおいしくリニューアル!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる