認可保育園に入る! 点数稼ぎの鬼になったママに息子が気づかせてくれたこと

 全国で問題になった待機児童問題。最近では、認可保育園に入園するのに必要な指数を上げるため、偽装離婚や会社に嘘の書類を書くように指示することなどが社会問題となっています。私も、1歳の息子を認可保育園へ入園させるために必死になっていたママの一人でした。

目次

認可保育園に入りたい!

写真AC

 私たち家族が住んでいる地域は、保育園激戦区。出産前、私はIT企業に勤めていましたが、産休前から見学に行ったり、役所に行って話を聞いたりネットで調べたりと保活に勤しんでいました。

 しかし、息子が入れた保育園は認可外保育園。家の近くの保育園には入れず、家から自転車で20分以上もかかるところにキャンセル待ちでギリギリ入れたのです。

 私たちが住む地域で0歳から認可の保育園に入れたのは、2番目3番目の子供たちや双子、シングルマザーなど、両親のフルタイム勤務に与えられる点数に加え、特別な点数が加算された方々。初産の私たちは、認可保育園入園には届きませんでした。

 そこで、息子が0歳のうちは認可保育園の待機児童として登録しつつ、認可外保育園に通わせ、少しでも来年の4月入園で優位になれるように点数を稼ぐことに必死になっていました。

 認可外保育園に預けながら、月20日フルタイム勤務を一定の期間続けていると、加点があります。その加点狙いで働いていたのですが、なかなか思うようにいかず、息子の発熱のオンパレード。

 それに加え、運悪く喘息が発症してしまい、たびたび入院を繰り返し、息子が保育園に通うどころか私たち夫婦も会社を休みがちになってしまいました。

貯金を切り崩す生活

 私は仕事に行けない日が続き、とうとう会社で社員から時給制のパートへ契約変更となりました。 それでも、来年4月入園の加点のことを考え、息子が病気で保育園に預けられないときには割高な病児保育やベビーシッターなどを利用しつつ、貯金を切り崩して仕事を続けていました。

 このとき、認可外保育園の月額保育料と病児保育などの料金は私の収入をはるかに超えていました…

 「また息子の体が熱い…また仕事を休まなくてはならない」
 主人とどちらが会社を休むかで揉めていたところ、ハイハイを覚えたばかりの息子が私たち夫婦間に入ってきました。  そして、ニコーーっと笑ったのです。

写真AC

 その笑顔を見た私と夫は、思わず息子をぎゅっと抱きしめました。 「そうだ、点数を稼ぐのに必死で一番大事なことを忘れていた…」

 私は、手元にあった認可保育園の申込書をゴミ箱に捨てました。本当に大事なのは、息子が安心してのびのびと大きく成長すること。私たち夫婦は、息子は保育園に預けずに夫はこれまでどおり昼間に働き、私は20日フルタイムということにこだわらず、シフト制で夜にファミレスで働くという道を選んだのでした。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
保活激戦区! 不人気の保育園を第一希望にした理由とは?  私の住んでいるエリアは、保育園になかなか入れない保活激戦区。私は早期の職場復帰を望んでいて、妊娠8カ月目から保活を始め ました。20件以上の保育園に見学に行っ...
あわせて読みたい
母親に正社員の仕事はできるわけない! ワーママを怒らせた姑の一言  私は二児を育てるワーキングマザーです。もともと「子どもができないなら仕事を辞めた方が良い」と言ってくる姑でしたが、長男を産んだら「仕事を辞めろ」と命令してきたのです。
あわせて読みたい
ママ必見! アレルギー持ちのお子さんの保活ポイントをご紹介 私には3人の子どもがいますが、長男、次男と食物アレルギーを持っています。アレルギーっ子を預けて仕事に復帰しなければならない親御さんにとって、保育園選びはとても重要です。そこで今回は、アレルギー持ちのお子さんの保活ポイントについてご紹介しま

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる