なんで飲まないの!母乳を拒否され自信喪失でノイローゼに

 妊娠中の母親学級や助産師外来で母乳育児のメリットを知った私。内容を知れば知るほど「母乳で育てたい!」という気持ちが強くなっていったのですが、いざ産んでみると、思うように軌道に乗らず自信喪失に。あれほど楽しみにしていた授乳が苦痛になるほどの母乳育児ノイローゼになってしまったのです…。

出典:Halfpoint/iStock/Thinkstock

 初めての妊娠で不安がいっぱいだった私にとって、産院でおこなわれる母親学級や助産師外来は大きな楽しみでした。妊娠中の不安を直接ぶつけて解消できる機会でもあり、出産の方向性を示す羅針盤のようなものでもあったからです。 その母親学級や助産師外来で繰り返し聞かされていたのが、母乳育児のメリットについて。私の中にも、自然と「母乳で育てたい!」という気持ちが育ち、大きくなっていきました。

 でも、いざ生まれてきた息子は吸う力がとても弱く、直接おっぱいから母乳を飲むことができませんでした。たくさんのお母さんがスムーズに授乳しているのを横目に、私は一人、搾った母乳を哺乳瓶に入れて飲ませていました。 もうちょっと力がつけば、直接飲めるようになるはず! と自分を奮い立たせ、搾乳に励む毎日でした。

 息子の体重も少しずつ増え、そろそろおっぱいから母乳を飲ませたいと思い始めてきた頃。明らかに息子はおっぱいを、拒否するようになってきました。 哺乳瓶からはごくごく飲むのに、私のおっぱいにはそっぽを向いてしまう息子。授乳の度に、母親としての自分を否定されたような気がして、私はとても傷つきました。 そして、毎日のように気分の落ち込みが続き、気が付けば私はノイローゼ状態になってしまいました。

出典:tatyana_tomsickova/iStock/Thinkstock

 なんとか母乳を飲ませたいという気持ちが募り、「おっぱいからじゃなきゃ飲ませない!」と一日哺乳瓶の使用を止めてしまうなんて強引なことをしたり、
 「なんで飲まないの!」と息子に声を荒げ、大泣きしたりもしていました。 飲まないのは、おっぱいが悪いせい?!と自分を責め、一筋の希望にすがろうとマッサージに通ったりもしました。 とにかく、一日中考えるのは授乳のことばかり。
 
 「一度母乳を諦めてしまうと、もう二度と戻れない。だから頑張るしかない。」そんな強迫観念にも似たものに追いつめられていたのです。 でも、母乳育児を終えた今、振り返ってみると当時の私は焦り過ぎていたし、「母乳のみで育てる」ということにこだわり過ぎていたのだと思います。赤ちゃんの飲みやすさや、成長の早さを考えたら、無理をしすぎずミルクに頼っても良かったのかもしれません。

出典:kmedia Ltd/Wavebreak Media/Thinkstock Wavebreakmedia Ltd/Wavebreak Media/Thinkstock

 もちろん、母乳育児中もそんな考えが頭をよぎらなかった訳ではありません。むしろ、頭の中では理解できていても、理想を捨てるのに気持ちの上で大きな抵抗があったのです。 産後の不安定な時期は、なかなか自分で思いを修正できないものです。 もし、産前に経験者からのリアルなアドバイスを聞いていれば…。母親学級などで、母乳育児につまずいた時の対処法を聞いていれば…。 「こんなことは良くあること」と、もう少し余裕のある母乳育児をおこなえていたかもしれませんね。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
母乳育児は誰のため?追い詰められたママが自己暗示から抜け出せた瞬間! 初めての妊娠中、母乳は出るもの! と完全に思っていました。しかし思うようにいかず、退院してから母乳量を増やすための試行錯誤が始まったのです…。
あわせて読みたい
不快性射乳反射って知ってる? 母乳をあげるのが嫌で悩んだ体験談 乳をあげることは、とても母性に溢れた行為に思えますよね。私も子どもを産む前は、出産したら普通に母乳をあげるものと信じていました。まさか、自分自身が不快性射乳反射で苦しむ羽目になるとは夢にも思いませんでした。
あわせて読みたい
「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれた看護師さん  出産前後で、大きく価値観が変わる体のパーツといえば、【おっぱい】ではないでしょうか。 産前は、大きな胸や形の良い胸がもてはやされていたのに、産後は、しっかり...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる