子どもに人気!「ストライダー」の居眠り運転にご注意

ストライダーという乗り物を、見かけたことはありますか? ペダルやブレーキのない子ども用自転車で、ストライダーを経験すると、バランス感覚が養われ、自転車デビューが楽になると、2~4歳の子供達に大人気なのです。そんなストライダーにハマった3歳児が、巻き起こした事故について聞いてください。

目次

クリスマスに「ストライダー」がやってきた

出典:iStock.com

 わが家に、ストライダーがやってきたのは、数年前のクリスマスのこと。戦隊ヒーローにどっぷりとハマっている3歳の息子は、クリスマスツリーの下に置かれたストライダーを見て
 「あ! 仮面ライダーのバイクだ!」と大喜びしました。

 早速、ヘルメットを装着し、ストライダーに初挑戦! 安定感があり、ペダルをこげば進む三輪車と違って、ストライダーにはペダルがありません。

 足で地面を蹴って進むのですが、最初は、ただストライダーにまたがったまま、ヨチヨチと歩いているだけ。ハンドリングも安定しないので、フラフラと倒れそうになってしまいます。  

 3歳でストライダーは、まだ早かったかな? と思ったのですが、自転車コースがあって、ストライダーの乗り入れもできる、近所の大きな公園に連れて行ってみたら、息子よりも幼い子達が、ストライダーを乗り回していました。その姿に、負けず嫌いの息子は奮起。

 最初は、ヨチヨチ運転でしたが、毎日、公園で練習するうちに上達し、気づけば、親が追いつけないほどのスピードで走り回るようになりました。

ストライダーが大好きになった息子

 ストライダーが届いて3カ月、力一杯、地面を蹴り出して進んだり、ブレーキのかわりに足でスピード調整をしたりで、スニーカーのソールは削れてボロボロになってしまいました。何度もこけたり、すれたりするので、息子のズボンの膝は穴が空いてしまいました。

 ズボンに空いた穴を繕いながら、
 「あーあ、ストライダーに乗って公園遊びする時は、安いスニーカーとズボンじゃないと、駄目だな」とため息をつきましたが、毎日楽しそうな息子の姿を見るのは嬉しいものです。 しかも、週末の午前中は、旦那が息子と5歳の娘を連れて、公園へ遊びに行くのが定番になってきたので、筆者は思う存分、寝過ごして、怠惰な週末を過ごせるようになりました。

公園遊びで悲劇が!

 ある週末、寝室でウトウトと二度寝、三度寝をしていると、遠くから息子の泣き声が聞こえてきました。玄関がガチャリと開いた瞬間、わぁわぁと泣き叫ぶ息子の声が家中に響き渡り、慌てて飛び起きました。

 玄関へ駆けつけると、顔の下半分が真っ赤な息子が立っていました。鼻血を出して、こすり拭いたのでしょう。顔の下半分は、血で染まり、鼻の穴は真っ黒で、血と泥が混じったものがこびりついていました。
  「なにがあったの? 公園でストライダーに乗って遊んでいたんじゃないの?」

出典:iStock.com/solodogs

 事情を尋ねると、旦那が
 「居眠り運転…」と言うではないですか。車でもないのに居眠り運転? 泣き叫ぶ息子をなぐさめていた娘に詳細を聞き出すと、このような状況だったようです。

 その日は天気がよくて、ストライダーを乗り回す子ども達が、たくさんいたそう。息子は同世代と競い合って、ピューッとスピードを出し、なんと3時間も休憩無しで、遊んでいたとか。はしゃぎすぎた息子は、ストライダーに乗ったまま、ウトウトとしてしまいました。

 旦那は、居眠りをはじめた息子の異変には気づかず、後方を小走りで追いかけていました。娘は息子のすぐ後ろを、自転車で併走していたので、
 「弟くん、頭がユラユラしている」とおかしく思ったのだとか。

 傾斜のゆるい坂にさしかかった時、息子の頭がぐわんと大きく揺れ、足でブレーキをかけることなく、坂道をすごいスピードで下り降りていきました。

 そして皆さんの想像通り、木に激突。流血騒ぎになったそうです。幸いなことに、居眠り運転の代償は、鼻血と小さなたんこぶだけで、切り傷や打ち身はありませんでした。

 ストライダーを愛用する年頃のお子さんは、まだまだお昼寝が必要ですし、全力を出して遊ぶので、突然スイッチが切れたように、眠ってしまいます。皆さんのお子さんは、わが家の息子のように、居眠り運転で怪我しないように、ストライダーから降りて一休みさせてくださいね。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
補助輪も大変な練習も不要! 子どもが1日で自転車に乗れるコツとは!  新年度は、もう間近。お子さんの進級祝いで自転車のプレゼントを考えている親御さんも多いことでしょう。一足先に、クリスマスプレゼントで自転車をもらったお子さん...
あわせて読みたい
赤信号で男の子が横断! その時私がとった行動とは もしかすると私はこの世にいなかったかも、と思うくらい恐ろしい体験をしたことがあります。それは買い物へ出かけた時に起こりました。補助輪付きの自転車に乗った4歳くらいの男の子が、お母さんが数秒目を離した隙に、一人赤信号で道路を横断し始めてしまったのです。その時私がとった行動とは…。
あわせて読みたい
【夏休みの不安】自転車で遠出した息子が帰ってこない! その結末は? 長男が6年生の頃、友達の仲良し4人組で、休日にちょっと遠くまでサイクリングに出かけることがありました。最初は近所の公園。そして隣町の公園、隣町のショッピングセンター、学区外の公園と、少しずつ距離を伸ばしていきました。親たちも、男の子だしね~ と子どもたちの冒険心をあたたかく見守っていたのですが…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次