「恋愛に疲れた」と感じる10の原因とは?疲れやすい人の特徴と対処法も解説

 最近「恋愛に疲れた」と感じていませんか?彼のことは好きだし、恋愛は楽しいものであるはずなのに、なぜ疲れてしまうのか疑問に思う人も多いかもしれません。

 恋愛に疲れる10の原因を、疲れやすい人の特徴や対処法もあわせてご紹介します。「もう一度幸せな恋愛をしたい」と感じている方はぜひ参考にしてください。

目次

恋愛に疲れたことのある男女は○割!【アンケート】

今回は、25歳~35歳の男女○名にアンケート!

「恋愛に疲れた」と感じる10の原因

出典:Adobe Stock 

 「恋愛に疲れた」と漠然と感じているものの、どうして疲れているのかわからずモヤモヤしている人もいるでしょう。恋愛に疲れてしまう10の原因を解説します。

1. 相手の気持ちがわからない

 相手の気持ちがわからないと、恋愛に疲れたと感じるでしょう。

  • 急に連絡が減った
  • 最近そっけなくなった
  • なかなか会う時間を作ってくれない

 など、彼の態度が変わってきたときに、不安を感じるケースが多いようです。けんかやトラブルなど考えられる原因がとくにない場合、さらに困惑してしまいます。

コミュニケーションがとれない
LINEが返ってこない
自分の気持ちを言えない
冷めたのではと不安になる
一人で考えすぎてしまう
遠距離恋愛

相手に振り回される

適当に扱われる
冷たくなった
付き合ってから態度が変わる

相手に合わせて自分を演じている

 嫌われたくないからと、相手に合わせすぎていませんか?常に彼の都合を優先して、自分の予定を変える人もいるかもしれません。本当はもっと会う頻度を多くしたいのに、彼の気分やペースに合わせて気持ちを抑えることもあるでしょう。

 彼もあなたの都合や気持ちを聞いてくれるならいいですが、そうでないと「自分ばかり合わせようとしている」と不満を感じる要因になります。

 自分ばかりが尽くしていて、相手からの愛情を感じにくいという場合、恋愛に疲れることがあります。彼への思いが大きければ大きいほど、自分の感情とのギャップを感じて苦しいでしょう。一方通行な恋心のように感じて、寂しさを覚えます。

自分ばかり尽くしているように感じる
嫌われたくないと不安
がんばりすぎてしまう

 彼の理想の女性像をつい演じてしまう人もいます。彼を失いたくない、愛されたい一心なのですが、本来の自分とかけはなれた人格を演じ続けるのは負担が大きいです。

 「素の自分を見せたら嫌われるかも」という恐れが、どんどん心身を疲れさせていきます。

6. 友人の恋愛と比べてしまう

 友人の恋愛と比べて落ち込む人もいるようです。最近はSNSが普及し、他人の恋愛事情も垣間見えるようになりました。なかには、友人からマウンティングされて嫌な気持ちになった人もいるかもしれません。

 「サプライズをしてくれる彼氏がいいなあ」「高級レストランに連れて行ってくれる彼氏がうらやましい」など、自分の恋人に物足りなさや不満を感じてしまう人もいるでしょう。 好きな人をほかの男性と比べてしまう自分に対し、嫌気がさして疲れることもあるようです。

友達をうらやましく思う
結婚に焦る

7. 浮気や破局を恐れている

 恋愛が順調でも「いつかこの幸せが壊れるかも」と不安を感じ、疲れてしまう女性もいるでしょう。

  • 「飽きられて浮気されるかも」
  • 「急にフラれる日がくるかもしれない」
  • 「私より可愛い子が現れたら捨てられる」

など、常によくない想像をしてしまうので、目の前の恋愛を楽しめないのです。「いっそのこと恋愛をやめたら、この不安から解消される」と考える傾向にあります。

2.束縛されている

 恋愛に疲れてしまう原因のひとつに、束縛があります。

  • 友人と出かけると不機嫌になる
  • どこで何をしていたか、ことあるごとに聞かれる
  • 趣味に対して小言を言われたり、禁止されたりする

 行動を制限されるだけでなく、プレッシャーをかけられたり不満を言われたりするだけで、疲れは徐々にたまっていきます。

彼氏のお母さんの過干渉
別れるまでに疲れた
LINEを催促される
ケンカが増えた

8. 自分の時間が欲しい

 お付き合いをしていると、よくも悪くも自分の時間を奪われます。恋愛以外にやりたいことや趣味がたくさんある人は、デートや連絡を取る時間をもったいなく感じることがあるかもしれません。

 とくにひとりが好きな人は、恋愛によって自分の時間がなくなると疲れを感じやすいでしょう。

9. 価値観が合わない

 価値観が大きく異なると、意見がぶつかる場面が増えます。相手のお金の使いどころや時間の使い方にイライラすることもあるでしょう。価値観の違いは受け入れて楽しめるものの、あまりにも大きく違うと心地悪さを感じるものです。

 結婚や子育てなど、将来の価値観が大きく異なると、別れを考えるカップルも少なくないようです。

なかなか好きな人ができない

恋活や婚活がはかどらない。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加しても変な人ばかり
焦る

片思いで振り向いてもらえない

思いが通じない

恋愛に疲れやすい人の特徴

出典:Adobe Stock 

 恋愛に疲れやすい人には、共通した特徴があります。自分の傾向を自覚しておけば、大きなトラブルが起きる前に早めの対処ができますよ。

自分に自信がない

 自分に自信がない人は、嫌われることを恐れて、相手のペースに合わせすぎたり自分を演じたりしてしまいます。彼の態度がいつもとちょっと違うだけで敏感に反応し、不安に襲われるようです。相手の身勝手な行動や束縛に、抵抗できない人も多いです。

 常にビクビクしながら恋愛をしているので、心から楽しむことができません。

物事を深く考える

相手に期待しすぎてしまう

 相手に対する期待値が高いほど、恋愛の疲れを感じやすくなります。「こうあってほしい」という期待が大きいぶん、望む結果が得られなかったときの落胆が激しくなるのです。

 最初から期待値が低ければ、感情の落差は小さくなります。もしくは彼の行動が期待を超えてくることもあり、喜ぶ場面も増えるかもしれません。

恋愛に疲れたときの対処法

出典:Adobe Stock 

 「恋愛に疲れた」と感じる一方、心の奥底では「幸せな恋愛をしたい」と思っているのではないでしょうか。疲れた心を癒し、もう一度恋愛を楽しみたいと思えるようになる対処法をご紹介します。

期間を決めて距離を置く

 恋愛で疲れてしまったら、少し休んでみるのもひとつの手です。しばらく会うのをやめ、連絡も控えめにします。少し休むことで、自分が疲れてしまった原因に向き合うことができるでしょう。

 恋愛に一生懸命だったときにはわからなかった、自分の本当の気持ちや対処法が見つかるかもしれません。

自分のペースを大切にする

LINEの返信ペース
デートのペース
束縛されたら仕事や家族との予定とうそをつく
心地よい距離感を大切に

友達に相談する

愚痴や悩みを聞いてもらうとスッキリ

趣味で気分転換をする

 恋愛に疲れた人は、これまで彼のためにたくさんの時間とお金を使ってきたかもしれません。日々のデート、プレゼント、美容など、恋愛には意外とお金がかかるものです。

 恋愛はいったんお休みをして、心から楽しいと思えることにエネルギーを注いでみましょう。自分が満たされていくと、恋愛を楽しむ気力が復活します。

やりたいことをやる
カラオケで思いっきり歌う
一人旅をする
自分へのご褒美 マッサージなど
資格勉強をする

不満が相手に伝わる方法を考える

伝え方

お互いの気持ちをさらけ出す

 自分を演じてしまっている人は、少しずつでいいので素を見せていきましょう。彼といるときの緊張感がやわらぎ、恋愛疲れが解消されていきます。

 「素を出すと嫌われるかも」と心配する人が多いですが、むしろ彼との親密度が高まるというパターンも多いです。

どう思っているかは言わないとわからない
「男だから」「女だから」と決めつけない

恋愛に疲れないコミュニケーション

リード

恋愛以外の生活も楽しむ

考えすぎない
気分転換に好きなことをする
相手のことばかり考えすぎない
心に余裕をもつ
恋愛中心の生活にしない
恋愛以外の人間関係を充実させる

ほどよい距離感を大切にする

連絡頻度、会う頻度
ルールを決めても◎

報告・連絡・相談を密にする

不安にさせない

思っていることを正直に話す

言いたいことはその場で伝える

後悔しないように行動する

迷ったら

直してくれないなら諦める

雑に扱われたら別れる。

恋愛に疲れた原因を知って、もう一度幸せな恋をしよう!

 「恋愛に疲れた」と感じるときは、なぜ疲れたのかという原因を探ることから始めましょう。理由がわかれば、おのずと対処法も見えてきます。

 多くの場合、自己理解と自分をいやす時間で心が回復していきます。突発的に別れを選択するのではなく、まずはゆっくり考える時間をつくってみてくださいね。

(ファンファン福岡公式ライター / Satoko)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

目次