令和になったばかりの連休 予定日より早く破水し…

 令和元年のGWは長い連休でした。出産予定日は連休後。里帰り先で出産のため、夫の立ち合いは無理そうだと考えていました。しかし夜中、急に破水して…

目次

検診では「まだまだだね~」

写真AC

 里帰り先で産院に通っていた私。連休に入ってすぐ、39週の妊婦検診へ。

 若くいつもは少し頼りない雰囲気の担当の医師にがこの日は自信満々に
 「産まれるのは、まだまだね~」と言われ、「やっぱり予定日通り、一週間後なのかな」と帰宅しました。

 連休中は道も混みそうな上、産院も休日診療扱いなので、まだ産まれないと聞いて少しほっとしました。

 ただ、夫は新幹線と電車で4時間かかる場所におり、連休でないと立ち会えません。少し残念でしたが、また産まれて落ち着いてから来てもらえばいいかと思っていました。

 その日は平成から令和に代わった日。帰宅後は、皇居等が映るテレビを見て、改まった気分で過ごしました。

「もう産まれていいよ」と声をかけて眠りに…

写真AC

 眠る前に、
 「令和になったからいつでも産まれていいよ」とお腹に声をかけました。

 今となってはどちらでもいいことですが、当時は平成と令和のどちら産まれなのかドキドキし「どうせなら令和がいいかな」などと考えていました。

 眠りにつき数時間後。トイレに行きたい感覚で目が覚め、起き上がろうとしたとき…。パチンと何かはじけたような感覚があり、じわぁっと股から水のようなものが出てきました。

 「え、もしかして漏らしちゃった!?」トホホ、とトイレに向かうと、漏らしたにしては水分が多く、少し血も混ざっています。「もしかして… 破水?」夜中の2時でしたが、慌てて母を起こしに行きました。

緊張で脚が震えて…

 急いで産院に電話すると
 「携帯番号を教えて」と言われましたが、自分の番号がスポッと頭から抜けて、答えらないほどパニック状態。
 「すぐ来て!」との指示で、母の運転で産院に向かいました。

 いつも明るい母も緊張しているのか無言。私も黙っていましたが、どんどん出て来る羊水に、内心「こんなに出て大丈夫!?」と緊張で脚が震えました。

 検診の結果、今日か明日に産まれるとのことで、即入院に。夫に連絡すると、
 「始発で行くね!」と頼もしい返信。

 昼食前には夫が汗びっしょりで到着し、
 「間に合ったね!」
 「お父さんに会えるように連休に産まれるんだね!」と喜びあいました。

 しかし、夜になると陣痛が強くなり腰をさすってくれる夫に
 「違う! もっと強く押して!!」と始発で急ぎ来てくれた感謝も忘れ、怒鳴ってしまいました。

産院で3人目に誕生

写真AC

 「もう我慢できません!」助産師さんに訴えると、
 「この程度じゃ、まだでしょ」という感じの半笑いで一応内診してくれることに。しかし内診すると態度が一変。

 「もう9センチ開いてる!」
 「痛み逃し上手ですね!?」と慌ただしく分娩室に連れていかれました。痛みを我慢しすぎたみたいです…。

 「生まれるのはまだ」と告げた担当の若い医者はおらず、当直はベテランの副院長。陣痛に耐えながらも「安心だ! ラッキー!」と思いました。

 分娩室でしばらく頑張り、夜中に無事出産。夫も感無量の表情でした。あとで助産師さんから
 「3人目の令和ベビーよ!」と聞かされ、前日と同日に産んだママさんたちと後日授乳室でねぎらいあいました。

 連休中急な出産となり、休日診療代と夜間診療代フルにかかってしまいました。予定より出費が大幅に多くなり痛かったですが、夫も立ち会え、年号が変わったばかりの出産は、自分と家族にとって思い出深いものとなりました。

(ファンファン福岡公式ライター/片岡みや)

あわせて読みたい
出産予定日10日後、義両親から旅行に誘われた! 夫の一言とは? 旅行の計画を持ち掛けてきたドン引き義両親。しかも、その日程は私の出産予定日10日後だったのです。聞いたときは、怒りを通り越して、何を言っているのか頭の中がハテナだらけになりました。臨月でいつ産まれてもおかしくない私。唯一の救いは夫の一言でした。
あわせて読みたい
1人で痛みに耐えると決めた2人目出産! それには深い理由が?  痛いことを思い出し、日々恐怖と戦っている臨月の私の話です。1人目は旦那さんが立ち会いましたが、2人目妊娠中の今。なぜ私が立ち会いなしの1人で頑張ろうと思っているのか? それには、ある理由があるからなんです…。
あわせて読みたい
出産に立ち会った夫から信じられない一言! 開いた口が塞がらない うちの夫は、口下手でお酒が入らないと上手く話が出来ない性格です。その上、面倒くさがり屋で「いいんじゃない?」が口グセ。娘が生まれた後、忙しくて夫との会話が減ってしまったことが気になった私は、夫の気持ちを聞いてみることに。すると驚きの言葉が発せられたのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる