「ママなんて一生会いたくない!」子供からのショックな言葉の本音

子育てをしていると、子供とぶつかり合い「ママなんて嫌い」と言われてしまうことがあります。 そんな時、貴方ならどう対応しますか? 「嫌いで結構!」と強気に出る? 「嫌いなんて言わないの」とたしなめてみる? たわいもないやりとりの中で、キュンとする出来事がありました。

出典:ファンファン福岡

 友人は、腕白な6歳の息子(以下A君)を育児中のママ。先日、友人が子連れで、遊びに来た時、我が家の娘(4歳)とA君がおもちゃを巡って、奪いあいになりました。そもそも、そのおもちゃは、A君が持ってきたもの。目新しいおもちゃを貸して貰おうと、娘が勝手に遊びはじめたのが、喧嘩のきっかけでした。  友人は、喧嘩のきっかけよりも、息子が自分より年下の子からおもちゃを奪い返そうと、押しのけて、娘が尻餅をついて泣き出したことに腹を立てているようでした。 「こら!喧嘩しない!お友達に貸してあげられないなら、おもちゃを持ってきたりしない!」と厳しく雷を落とします。  A君は、おもちゃを奪われた側だったので、怒られたことに納得がいかず、不満顔。 「でも…!だって…!」と食ってかかりました。 「言い訳しない!娘ちゃんは、A君よりも年下なのに、喧嘩したり、手を出したら駄目でしょう!」と、A君の言い分に耳を傾けることはありませんでした。  納得できないA君は、泣き出しそうになるのを必死で堪えているのか、顔が真っ赤になっています。グッと唇を噛みしめて、友人を睨み付けると「ママなんて大嫌いだ!なんでそんなに僕のことだけを怒るの?ママなんて一生会いたくない!」と言い放ち、ポロリと涙がこぼれました。  「これはきつい…」同じ子育て中のママなので、友人の気持ちが痛いほど分かります。きっと我が子にこんな言葉を言われて、傷ついているだろうと、顔色をうかがいました。やはり、友人は内心ショックを受けて、グッと押し黙ってしまいましたが、強気の態度を崩さずに、こう切り返しました。

出典:ファンファン福岡

 「いいわよ。ママに一生会えなくてもいいのね。じゃあ、ここの家の子になりなさい。ママから宜しくって伝えておくから。じゃあもうお別れね。バイバイ!」    まだ睨み付けているA君に背を向けて、友人は足早に玄関に向かいました。私も慌てて玄関に向かいます。 「ごめん…うちの子が、A君の大事なおもちゃで、勝手に遊びはじめたから…」と謝ると、友人は小声で「気にしないで。私も息子も、お互い冷静になったほうが良さそう。ちょっと頭を冷やしてくるから、息子をよろしくね。コンビニでも行ってくるわ」と告げて、本当に外出してしまいました。  自分を置き去りにして、立ち去ってしまったママの背中を見ながら、呆然とするA君。先ほどまでは、眉間にしわを寄せて、睨み付けていたのに、みるみるうちに涙があふれ、「…嫌だよ。もうママに会えないの嫌だ!ママに会いたい!!」と、しくしく泣きはじめたのです。  呆然と事の様を見ていた娘も、突然号泣しはじめたA君を見て、釣られて泣き出す始末。わぁわぁと泣く子供達の背中をさすりながら、「大丈夫だからね」と慰めるしか、私に出来ることはありませんでした。  10分ほど経ち、友人がコンビニの袋を手に、帰ってきた時、A君は「ママ!もう喧嘩したりしない!おもちゃも貸してあげるから、ママの子供のままがいいよーー!」と抱きついて離れませんでした。そして、コンビニで買ってきたアイスを食べながらみんなで休憩をしていると、A君が突然、「ママ携帯かして」とおねだりし、携帯でママの写真を撮りはじめたのです。

出典:ファンファン福岡

 「どうしたの??」とA君に尋ねると、「ママに会えなくなった時、さみしくないように、いっぱいママの写真を残しておくんだ!」と答えて、色んな角度から友人を撮っていきます。  もうすぐ小学生で、大きく成長したとはいえ、まだまだ子供の6歳児。ママ達は、男児の繊細さに、キュンとハートをわしづかみされました。 (ファンファン福岡一般ライター)

「可愛く言って?」兄弟げんかを一瞬で終わらせる魔法の言葉

「うるさいババア!」急に反抗的な9歳の息子にどう対処する!?

戦隊モノ批判のママ友。我が子が暴力的なのに気づいてない?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる