「祖母が語った不思議な話」冬におすすめのお話十選

 あけましておめでとうございます!
 ファンファン福岡Webサイトで、毎週土曜日に更新している「祖母が語った不思議な話」。怖い話や不思議な話、心が温かくなる話など79作品を公開中です。その中で冬におすすめの10本を厳選して紹介します!

イラスト:チョコ太郎

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。今回は冬に読んでほしい十話です。

目次

その拾捌(18)「新しい宿」

 秋の終わりに家族で出かけたY県の温泉宿。新しくきれいなのにほかの泊まり客の姿がない。その夜起こった出来事とは…?

祖母が語った不思議な話・その拾捌(18)「新しい宿」

その拾玖(19)「四ツ葉」

 幸運の四つ葉のクローバーを探しに出かけた六歳の祖母と友達は、知らず知らずのうちに「異人さんのお墓」に来てしまった!

祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ葉」

その参拾参(33)「迷いの森」

 「困ったな…どっちに行ったら帰れるのかな…」森の中で完全に迷ってしまった祖母。その時何かがやって来た。

祖母が語った不思議な話・その参拾参「迷いの森」

その参拾伍(35)「餅撒き」

 祖母の父が赤ら顔の男に招かれた夜中の餅撒き。綺麗な女の人のお酌に酔っ払い、不思議な経験をすることに…。

祖母が語った不思議な話・その参拾伍(35)「餅撒き」

その伍拾(50)「嵐の夜」

 大時化(おおしけ)の夜に帰らない夫の船…残されたお嫁さんが突然小屋に火をかけた!

祖母が語った不思議な話・その伍拾(50)「嵐の夜」

その伍拾弐(52)「四つ目犬」

 お使いの帰りに縁起が悪いと言われている「四つ目犬」がついてきた。友人Sちゃんと祖母はこっそり飼うことにしたが…。

祖母が語った不思議な話・その伍拾弐(52)「四つ目犬」

その陸拾玖(69)「山の神の日」

 祖母と二人で椎の実拾いに出かけた山に生えていた隙間なくねじり合わされた二本の大木。それを見た祖母が語り始めた。

祖母が語った不思議な話・その陸拾玖(69)「山の神の日」

その陸拾肆(64)「洋間」

 いとこ全員が不思議な体験をした真っ赤な部屋。そこは祖父がこだわって造った洋間だった!

祖母が語った不思議な話・その陸拾肆(64)「洋間」

その参拾壱(31)「もうがんこ」

 大雪に喜ぶ子どもたち。突然「あそこで誰か呼んでるよ」と幼いN太がぽつんと建つ家を指差した。

祖母が語った不思議な話・その参拾壱(さんじゅういち)「もうがんこ」

その参拾(30)「大晦日の夜」

 貧しい竹細工師の夫婦を訪ねてきた見知らぬ老人。雪の大晦日に起こった奇跡とは?

祖母が語った不思議な話・その参拾(さんじゅう)「大晦日の夜」


チョコ太郎より

 いつもお読みいただきありがとうございます。不思議な話、怖い話、ちょっといい話…本年もいろんな話を公開していきますので、お楽しみに!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる